このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:23回

  • 貸出数:9回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
見る : 眼の誕生はわたしたちをどう変えたか
ミル : メ ノ タンジョウ ワ ワタシタチ オ ドウ カエタカ

責任表示 サイモン・イングス著 ; 吉田利子訳
データ種別 図書
出版者 東京 : 早川書房
出版年 2009.1
本文言語 日本語
大きさ 450p ; 20cm
概要 わたしたちはどうやってものを見ているのだろう。多くの哲学者や科学者がその謎に取り組んできた。眼の進化と意識、色覚や錯覚に隠された秘密、視覚の未来まで、眼と「見ること」のすべてを探る、眼とその進化の物語。
目次 プロローグ 若さと老い
第1章 感覚の共同体
第2章 視覚の化学
第3章 どのようにして眼は可能になるのか?
第4章 適応する眼
第5章 見ることと考えること
第6章 視覚の理論
第7章 視覚能力を授けられた神経質なシロモノ
第8章 色を見る
第9章 見えない色
第10章 眼が見るということ
エピローグ 見えないゴリラ
続きを見る

所蔵情報


芸工2階 013112008027556 491.37/I54 2009

比文 文化動態 032112010011154 491.374/I 54 2009

書誌詳細

別書名 原タイトル:The Eye : a natural history
著者標目 Ings, Simon
吉田, 利子 <ヨシダ, トシコ>
件 名 BSH:
BSH:視覚
分 類 NDC8:491.374
NDC9:491.374
書誌ID 1001216798
ISBN 9784152089991
NCID BA89028615
巻冊次 ISBN:9784152089991 ; PRICE:2600円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2010.07.27

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています