このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:26回

  • 貸出数:9回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
穴と境界 : 存在論的探究
アナ ト キョウカイ : ソンザイロンテキ タンキュウ

責任表示 加地大介著
シリーズ 現代哲学への招待 / 丹治信春監修 ; . Japanese philosophers
データ種別 図書
出版者 東京 : 春秋社
出版年 2008.3
本文言語 日本語
大きさ xii, 220, 11p : 挿図 ; 20cm
概要 実体や普遍といった哲学の大問題ではなく、マイナーな対象にこそ存在の秘密は開示される。私たちの身近にありながら、存在と無、具体と抽象、物質と非物質、「もの」と「こと」のはざまでうごめく穴と境界という奇妙なやつらの分析をとおして、読者を存在論の世界へと導く、気鋭の研究者の野心的試み。
目次 第1章 存在のかたち(現代型而上学をとりまく事情と存在論
三つの現代的カテゴリー論
現代哲学における「存在論的転回」)
第2章 穴(穴は存在するか
穴は回るか
穴とは何ものか・1—物体としての穴
穴とは何ものか・2—欠如としての穴
穴とは何ものか・3—依存対象としての穴)
第3章 境界(なぜ境界は重要なのか・1—実体の独立性
なぜ境界は重要なのか・2—実体の自己連結性
なぜ境界は重要なのか・3—「触れ合い」の謎
境界とは何ものか・1—無としての境界
境界とは何ものか・2—抽象的対象としての境界
境界とは何ものか・3—具体的対象としての境界)
付録 形式存在論の現代的展開(哲学的フォーマル・オントロジー
工学的フォーマル・オントロジー
“”意表的な形式的関係)
続きを見る

所蔵情報


理系図1F 開架 031112012009191 111/Ka 12 2008

理 物理 凝縮系理論 058112008005263 111/Ka 12 2008

比文 文化動態 058112009012752 111/Ka 12 2008

文 哲学(研究室) 021112011006710 哲学/601/1076 2008

書誌詳細

別書名 標題紙タイトル:Holes and boundaries : an ontological investigation
一般注記 参考文献: 巻末p7-11
著者標目 加地, 大介 <カチ, ダイスケ>
件 名 BSH:形而上学
BSH:存在論
分 類 NDC8:111
NDC9:111
書誌ID 1001212122
ISBN 9784393329061
NCID BA85590245
巻冊次 ISBN:9784393329061 ; PRICE:2800円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2011.09.26

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています