このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:55回

  • 貸出数:13回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
漢詩一日一首
カンシ イチニチ イッシュ

責任表示 一海知義著
シリーズ 平凡社ライブラリー ; 619, 625, 628, 631
データ種別 図書
出版者 東京 : 平凡社
出版年 2007
本文言語 日本語
大きさ 4冊 ; 16cm
概要 李白や杜甫から、夏目漱石や河上肇まで、古今の名詩を春夏秋冬に沿って紹介、背景の歴史や詩人の境遇などを盛り込んで、歯切れのよいエッセイで導くシリーズ第一弾。戦乱、憂国、左遷、放浪、愛別離苦...人生のそれぞれの局面で、限りなく心にしみる、くめども尽きぬ漢詩の魅力。入門者にも、再読者にも、絶好のアンソロジー。全四冊。
陶淵明、白居易から頼山陽、毛沢東まで、山や海、虫や風鈴、夕立や七夕など夏の風物や情景を...たった名詩に加え、漢詩の重要なテーマである友情、戦乱、そして子供・女性を詠じたもの、また古民謡、我々日本人が夏といえば追憶を禁じ得ない原爆や敗戦にまつわる作品など、計八十余首。心が深まる詞華集、第二巻。
古えより秋に逢えば寂寥を悲しむ...月、菊、雁、紅葉など、詩の題材に事欠かない秋は中国古典詩では古来、悲しみの季節、であった。“断腸”や“愁い”を詠み込んだ数々の名詩、漱石が『草枕』に引いた陶淵明「飲酒」や王維「竹里館」、また杜甫の詠んだ「登高」は日本にはない秋の行事。ほかに「静夜思」「楓橋夜泊」など定番の名詩を満載。旅に、夜長に、最適のシリーズ第三巻。
「枕草子」に引く白居易の「香炉峰の雪」ほか、雪、農閑期、早咲きの梅など冬景色を詠んだ名品、人生の晩年として白髪や老境にまつわるもの、さらに辞世の詩など。また杜甫「飲中八仙歌」、大塩平八郎「四十七士」、菅茶山「冬夜読書」ほか、蘊蓄を読めばいっそう味わいが増す、逸品揃い。高適が「霜鬢明朝又た一年」とうたう「除夜の作」で締めくくって、全四巻完結。
続きを見る
目次 新春—真山民
雪と豊年—査慎行
欣欣向栄—陶淵明
春雪—王安石
斜川に游ぶ—陶淵明
落梅—陸游
人日—薛道衡
梅の花—王安石
抵抗の詩—文天祥
藍関の雪—韓愈〔ほか〕
初夏—司馬光
さるすべり—楊万里
『山海経』を読む—陶淵明
麦秋—陸游
寝ござ—蘇舜欽
友情に応えて—白居易
友人を送る—李白
山—王安石
山を買う銭—呉偉業〔ほか〕
断腸の季節(白居易)
秋日 春朝に勝る(劉禹錫)
読書の秋(楊万里)
読書の本意(陸游)
悲秋(楊万里)
秋思(張籍)
空山(王維)
行商人の妻(李白)
歯がぬけた(韓愈)〔ほか〕
寺子屋(陸游)
桑落酒(呉偉業)
扁舟(韋応物)
飲中八仙歌(杜甫)
お国なまり(賀知章)
嚢中自ら銭あり(賀知章)
辞世(陸游)
白髪(張九齢)
老境(沈徳潜)
憂愁と詩(陸游)〔ほか〕
続きを見る

所蔵情報

中央図 4A 010112012028171 921/I 36 2010
理系図2F 開架 058112007065066 921/I 36 2007
中央図 4A 010112012028183 921/I 36 2009
中央図 4A 010112012028195 921/I 36 2007
中央図 4A 010112012028206 921/I 36 2007

書誌詳細

一般注記 1976年2月刊 (全2冊) を4巻に分けて再刊したもの
著者標目 一海, 知義(1929-) <イッカイ, トモヨシ>
件 名 BSH:漢詩 -- 評釈  全ての件名で検索
分 類 NDC8:921
NDC9:921
書誌ID 1001183630
ISBN 9784582766196
NCID BA83166638
巻冊次 春 ; ISBN:9784582766196 ; PRICE:1000円+税
夏 ; ISBN:9784582766257 ; PRICE:1000円+税
秋 ; ISBN:9784582766288 ; PRICE:1000円+税
冬 ; ISBN:9784582766318 ; PRICE:1000円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています