このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:6回

  • 貸出数:9回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
スペイン語と日本語のモダリティ : 叙法とモダリティの接点
スペインゴ ト ニホンゴ ノ モダリティ : ジョホウ ト モダリティ ノ セッテン

責任表示 和佐敦子著
シリーズ シリーズ言語対照 : 外から見る日本語 / 中川正之, 西光義弘, 益岡隆志編 ; 11
データ種別 図書
出版者 東京 : くろしお出版
出版年 2005.11
本文言語 日本語,スペイン語
大きさ vii, 211p ; 21cm
概要 本書では、認知意味論の立場から、接続法の様々な用法を原理的に捉えようと試みた。第1に、発話時における話し手の心的態度を表すモダリティの観点からスペイン語の叙法体系を分析し、「文を発話する言語主体がなぜ接続法を使用するのか」を中心に考察した。第2に、スペイン語接続法の分析を日本語の古典語の接続法形式「ム」と現代語の「(ヨ)ウ」「ダロウ」の分析に応用して、その多様性の理由を考察した。
目次 第1章 スペイン語のモダリティ概観(叙法とモダリティの定義
スペイン語の叙法体系 ほか)
第2章 発話・伝達のモダリティと叙法(伝達機能のモダリティ
“丁寧さ”と叙法)
第3章 叙法とRealis/Irrealis(RealisとIrrealis
RealidadとRealisの違い ほか)
第4章 命題めあてのモダリティと叙法(真偽判断のモダリティ
感情・評価のモダリティ ほか)
第5章 スペイン語接続法と日本語の「(ヨ)ウ」「ダロウ」(古典語における「未然形+ム」とスペイン語接続法
スペイン語接続法と「(ヨ)ウ」「ダロウ」)

所蔵情報


理系図2F 開架 058112007054012 801.09/N 32 2005

文 言語(研究室) 021112014000137 言語/59/431 2005

書誌詳細

一般注記 博士論文 「日西モダリティ対照研究 : 叙法とモダリティの接点」 (大阪外国語大学, 2004年提出) を改稿したもの
参考文献: p197-207
著者標目 和佐, 敦子(1954-) <ワサ, アツコ>
件 名 BSH:比較言語学
NDLSH:スペイン語 -- 文法  全ての件名で検索
NDLSH:日本語 -- 文法  全ての件名で検索
BSH:スペイン語 -- 構文論  全ての件名で検索
BSH:日本語 -- 構文論  全ての件名で検索
分 類 NDC9:865
書誌ID 1001180973
ISBN 4874243290
NCID BA74314188
巻冊次 ISBN:4874243290 ; PRICE:3500円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2014.04.16

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています