このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:7回

  • 貸出数:5回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
建築史論聚
ケンチクシ ロンシュウ

責任表示 中村昌生先生喜寿記念刊行会編
データ種別 図書
出版者 京都 : 思文閣出版
出版年 2004.8
本文言語 日本語
大きさ iv, 559p : 挿図 ; 22cm
目次 歴史的にみた多武峯十三重塔 / 中村伸夫著
中世紀国造家の譲補の儀について : 五八代国造親文(暦応三年)を中心として / 高井昭著
浅間造本殿の特質 / 建部恭宣著
妙心寺大方丈の近世における使用方法について / 平井俊行著
茶室における寄合性と結座性 / 谷晃著
同朋能阿弥 : 室礼の規矩をめぐって/ 中村利則著
『兼見卿記』を通してみた天正年間における社家・公家の数奇空間 / 日向進著
七事式制定期における数寄屋観 : 数寄屋建築論としての一考察 / 池田俊彦著
刊行物にみる茶室近代化の黎明 : 本多錦吉郎・武田五一を通して / 桐浴邦夫著
建築家・藤井厚ニの茶室と茶の湯 / 矢ヶ崎善太郎著
松江藩の作事と御大工について / 和田嘉宥著
近世初期寺内町の様相について : 泉州貝塚における寛文二年「願泉寺再興造立奉加帳」をもとに / 岩波由佳著
大阪市中央公会堂の建築と意匠 / 山形政昭著
思想としての乾式構造 / 梅宮弘光著
瑞暉亭と北欧の近代建築 / 川島洋一著
思い出すままに / 中村昌生著
続きを見る

所蔵情報


芸工2階 013112004015544 521.04/N37 2004

書誌詳細

内容注記 歴史的にみた多武峯十三重塔 / 中村伸夫著
中世紀国造家の譲補の儀について : 五八代国造親文(暦応三年)を中心として / 高井昭著
浅間造本殿の特質 / 建部恭宣著
妙心寺大方丈の近世における使用方法について / 平井俊行著
茶室における寄合性と結座性 / 谷晃著
同朋能阿弥 : 室礼の規矩をめぐって/ 中村利則著
『兼見卿記』を通してみた天正年間における社家・公家の数奇空間 / 日向進著
七事式制定期における数寄屋観 : 数寄屋建築論としての一考察 / 池田俊彦著
刊行物にみる茶室近代化の黎明 : 本多錦吉郎・武田五一を通して / 桐浴邦夫著
建築家・藤井厚ニの茶室と茶の湯 / 矢ヶ崎善太郎著
松江藩の作事と御大工について / 和田嘉宥著
近世初期寺内町の様相について : 泉州貝塚における寛文二年「願泉寺再興造立奉加帳」をもとに / 岩波由佳著
大阪市中央公会堂の建築と意匠 / 山形政昭著
思想としての乾式構造 / 梅宮弘光著
瑞暉亭と北欧の近代建築 / 川島洋一著
思い出すままに / 中村昌生著
著者標目 *中村昌生先生喜寿記念刊行会 <ナカムラ マサオ センセイ キジュ キネン カンコウカイ>
件 名 BSH:中村, 昌生
BSH:日本建築 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:寺院建築
BSH:茶室
NDLSH:建築(日本) -- 歴史 -- 論文集  全ての件名で検索
分 類 NDC8:521.04
NDC9:521.04
NDLC:KA71
書誌ID 1001156313
ISBN 4784212027
NCID BA68781462
巻冊次 ISBN:4784212027 ; PRICE:9000円+税
NBN JP20672375
登録日 2009.09.17
更新日 2009.09.17

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています