このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:5回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
Shakespeare's use of the pronoun of address : its significance in characterization and motivation

責任表示 by Sister St. Geraldine Byrne
データ種別 図書
出版者 Washington : Catholic University of America
出版年 1936
本文言語 英語
大きさ xxxvi, 189 p. ; 23 cm

所蔵情報


中央図 自動書庫 003232000088902 648/B/4 1936

書誌詳細

一般注記 Thesis (Ph. D.)--Catholic university of America, 1936
Bibliography: p. 171-175
著者標目 *Byrne, St. Geraldine, Sister
件 名 LCSH:Shakespeare, William, 1564-1616 -- Language -- Grammar  全ての件名で検索
LCSH:English language -- Pronoun  全ての件名で検索
分 類 DC:822.3/3
書誌ID 1000731882
NCID BA53856692
登録日 2009.09.15
更新日 2009.09.15

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています