このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:27回

  • 貸出数:14回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
KJ法と未来学 : KJ法普及の問題点 KJ法と文明の未来 チームワーク
KJホウ ト ミライガク : KJホウ フキュウ ノ モンダイテン KJホウ ト ブンメイ ノ ミライ チームワーク

責任表示 川喜田二郎著
シリーズ 川喜田二郎著作集 / 川喜田二郎著 ; 6
データ種別 図書
出版者 東京 : 中央公論社
出版年 1996.8
本文言語 日本語
大きさ 588p ; 22cm
目次 未知の問題を解決する道--KJ法
KJ法の使命・問題点・展望
組織ポテンシャルの向上
実務の処女地を開拓する
小さいことから固めよう
三つの実話から
実務におけるフィールドワーク
授業へのKJ法活用はデザイン次第
KJ法は活かされているか
崩れた伝習では弁護できない
賽の河原を繰り返すな
結果が大事か過程が大事か
KJ法の民衆性とエリート性
KJ法の普及をめぐる潮流と問題点
KJ法本流づくりへの道
KJ法と現代
KJ法研究の未来学
KJ法と未来社会
マクロトレンドへの対応
21世紀への展開
KJ法の思想と現代文明のゆくえ
パラダイム転換の時代
KJ法の進む道
KJ法・コンピューター・情報
KJ法と啓発的地誌への夢
私の環境認識とKJ法
地球環境を守るもうひとつの文明
チームワーク
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 050111996026718 081.8/Ka 941/1(6) 1996

中央図 自動書庫 003112000038941 081.6/Ka 94/6 1996

芸工3階 072031196006257 081.6/Ka94/6 1996

書誌詳細

内容注記 未知の問題を解決する道--KJ法
KJ法の使命・問題点・展望
組織ポテンシャルの向上
実務の処女地を開拓する
小さいことから固めよう
三つの実話から
実務におけるフィールドワーク
授業へのKJ法活用はデザイン次第
KJ法は活かされているか
崩れた伝習では弁護できない
賽の河原を繰り返すな
結果が大事か過程が大事か
KJ法の民衆性とエリート性
KJ法の普及をめぐる潮流と問題点
KJ法本流づくりへの道
KJ法と現代
KJ法研究の未来学
KJ法と未来社会
マクロトレンドへの対応
21世紀への展開
KJ法の思想と現代文明のゆくえ
パラダイム転換の時代
KJ法の進む道
KJ法・コンピューター・情報
KJ法と啓発的地誌への夢
私の環境認識とKJ法
地球環境を守るもうひとつの文明
チームワーク
一般注記 内容注記は初出一覧(p564〜566)による
文献等の注:章末
著者標目 川喜田, 二郎(1920-) <カワキタ, ジロウ>
件 名 NDLSH:問題解決
BSH:思考
分 類 NDC8:301
NDC8:141.5
NDLC:US21
書誌ID 1000444607
ISBN 4124900880
NCID BN14837383
巻冊次 ISBN:4124900880 ; PRICE:8800円
NBN JP97021082
登録日 2009.09.11
更新日 2009.09.17

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています