このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:47回

  • 貸出数:51回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
流れの可視化入門
ナガレ ノ カシカ ニュウモン

責任表示 [中山泰喜ほか著] ; 可視化情報学会編
シリーズ 可視化情報ライブラリー / 可視化情報学会編 ; 1
データ種別 図書
出版者 東京 : 朝倉書店
出版年 1996.12
本文言語 日本語
大きさ x, 202, 24p, 図版8p ; 21cm
概要 第1章では「可視化の歴史と現状」について述べることにしました。可視化の源をたずねますとはるか縄文時代にまでさかのぼっていくように思います。そこで、縄文土器に見られる美しい渦模様から考察を始めて、近代科学の眼を通して古代文化に学びつつ、約5000年の昔に夢を馳せていただくことにいたしました。ついで、近世に戻って、実際に可視化技術を利用して近代科学の発展に貢献した6人の方を選び、その業績をエピソードを...めて、興味深く記述してみました。最後に可視化の利用の現状について概要が述べてあります。第2章では「流れと可視化」というタイトルで、まず流体の力学の基礎について解りやすく解説してあります。ついで、可視化の実際として、いろいろの現象について、可視化写真を眺めつつ、現象をどのように理解していくかを懇切丁寧に説明してあります。最後に、実際に可視化するにあたって、注意すべき事柄が述べてあります。第3章「可視化記録と機器」では、まず“写真の撮り方”として、撮影条件の整備、撮影機器と材料、撮影の実際、撮影後の処理について説明され、つぎに“ビデオの撮り方”として、ビデオ制作の概要、撮影機器、撮影、撮影条件の整備、編集、編集装置について説明され、最後に“特殊な記録法”として、高速度カメラの解説、これを使った流れの可視化応用例、高速度撮影の実際、赤外線・紫外線の記録などにわたって詳細に述べられています。なお、実際に利用されるのに便利なように、巻末に現在市販されているカメラ、ビデオの一覧表の掲載しておきました。続きを見る
目次 1 可視化とその歴史
2 流れと可視化
3 可視化記録と機器

所蔵情報


理系図2F 開架 003111997009755 501.23/N 19 1996

芸工2階 072031196022872 501.2/Ka75/1 1996

筑紫図 067112001010013 501/Ka 75/1 1997

工機械 燃料電池シ2 025111998001630 534/F/KAS 1997

工航空宇宙 軽構造 025111997005967 150/Kas 1997 501.23

書誌詳細

一般注記 文献: 各章末
著者標目 可視化情報学会 編 <カシカ ジョウホウ ガッカイ>
中山, 泰喜(1916-) 著 <ナカヤマ, ヤスキ>
件 名 BSH:流体力学
BSH:可視化技術
NDLSH:流体力学
分 類 NDC8:501.23
NDLC:M251
書誌ID 1000271704
ISBN 4254209819
NCID BN15541382
巻冊次 ISBN:4254209819 ; PRICE:4500円+税
NBN JP97045154
登録日 2009.09.11
更新日 2009.09.17

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています