このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:7回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
哲学と日本社会
テツガク ト ニホン シャカイ

責任表示 家永三郎, 小牧治編
データ種別 図書
出版者 東京 : 弘文堂
出版年 1978.2
本文言語 日本語
大きさ viii, 293p ; 22cm

所蔵情報


中央図 自動書庫 068151181011412 信夫文庫/I-J/99 1978

書誌詳細

一般注記 執筆: 小牧治ほか
内容: 後進近代化と受容西欧思想 - とくに受容ドイツ哲学の社会的機能 小牧治著. 「永久平和論」よりみたわが国におけるカントの受容について 片木清著. 和辻哲郎の「転向」について - とくに個人主義の問題をめぐって 泉谷周三郎著. フィヒテ研究者としての南原繁 村上隆夫著. 哲学と社会を生きる - 追憶の森有正 平田清明著. 日本思想史における超越性と内在性 - 特に日本仏教を中心に 家永三郎著. 幕末期・江戸町人の思想-経済・社会意識 布川清司著. 民衆宗教の教祖におけるカリスマ性 森岡清美著. 長谷川如是閑のドイツ学批判-イギリス思想とドイツ思想の対比による日本近代史観 田中浩著
著者標目 家永, 三郎(1913-) <イエナガ, サブロウ>
小牧, 治(1913-) <コマキ, オサム>
件 名 NDLSH:日本思想 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC6:121.02
NDC8:121.02
NDLC:HA5
書誌ID 1000183729
NCID BN00392325
巻冊次 PRICE:2500円
NBN JP78008896
登録日 2009.09.11
更新日 2009.09.11

類似資料