このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:233回

  • 貸出数:20回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
日本経済の発展 : 近世から近代へ
ニホン ケイザイ ノ ハッテン : キンセイ カラ キンダイ エ

責任表示 梅村又次[ほか]編
シリーズ 数量経済史論集 ; 1
データ種別 図書
出版者 東京 : 日本経済新聞社
出版年 1976.4
本文言語 日本語
大きさ 374p ; 22cm

所蔵情報


中央図 3B 017131998021634 332.1/U 72/1 1976

理系図1F 開架 068341480052581 332.1/Su 76/(1) 1976

書誌詳細

一般注記 内容:近世経済の趨勢変化 徳川時代の人口と経済(梅村又次) 1人当り農業産出高と生産諸要素比率(宮本又郎) 歴史民勢学の試み 徳川時代初頭の農民の世帯と住居(鬼頭宏) 近世農民の行動追跡調査(速水融,内田宣子) 明治前期の日本の都市(黒崎千晴) 北海道への人口移動1869〜1970年(西川俊作) 在来産業の新展開 幕末期防長両国の生産と消費(穐本洋哉) 製糸業における技術導入(大塚勝夫) 北九州における貨幣賃金の変動(尾高煌之助) 在来産業の規模と構成(中村隆英) 貨幣・利子率・国際収支 徳川時代における銀輸出と貨幣在高(田代和生) 徳川時代の貨幣数量(岩橋勝) 近世後期における物価・金相場・為替打銀相場(新保博) 徳川後期における利子率と貨幣供給(斎藤修) 日本統治下における台湾・朝鮮の国際収支(山本有造) 海外の数量経済史研究の展望 歴史人口学と家族複元(安元稔) 数量経済史の課題と動向(竹岡敬温) 新しい経済史:革新と偏向(安場保吉)
著者標目 梅村, 又次(1921-) <ウメムラ, マタジ>
件 名 NDLSH:日本 -- 経済 -- 歴史 -- 近世  全ての件名で検索
NDLSH:日本 -- 経済 -- 歴史 -- 明治以後  全ての件名で検索
分 類 NDC6:332.1
NDC8:332.105
NDLC:DC48
書誌ID 1000157482
NCID BN00567021
巻冊次 PRICE:4500円
NBN JP70006052
NDLCN 76009921
登録日 2009.09.11
更新日 2009.09.15

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています