このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:92回

  • 貸出数:19回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
民法学の歴史と課題
ミンポウガク ノ レキシ ト カダイ

責任表示 加藤一郎編
データ種別 図書
出版者 東京 : 東京大学出版会
出版年 1982.1
本文言語 日本語
大きさ vi, 388p ; 22cm
目次 戦後の民法解釈学方法論研究ノート / 星野英一著
「法の解釈」論覚書 / 平井宜雄著
法解釈の主観性 / 山田卓生著
登記請求権に関する試論 : その発生原因と法的性質 / 安達三季生著
抵当権の消滅と時効制度との関連について / 清水誠著
金銭債務の不履行について / 能見善久著
免責条項について / 加藤一郎著
「相関関係理論」に関する一考察 : 不法行為における違法性判断の構造 / 四宮和夫著
男子貞操義務論争 / 利谷信義著
妻の相続権 / 久留都茂子著
近代ドイツの経済発展と私的自治 : 「営業の自由」を中心として / 村上淳一著
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 068031182064815 324.04/Mi 47-1 1982

理系図1F 開架 068581181032611 324/Ka 86/1 1982

法 研究室 068151181028686 Nj 00/K/45 1982

書誌詳細

内容注記 戦後の民法解釈学方法論研究ノート / 星野英一著
「法の解釈」論覚書 / 平井宜雄著
法解釈の主観性 / 山田卓生著
登記請求権に関する試論 : その発生原因と法的性質 / 安達三季生著
抵当権の消滅と時効制度との関連について / 清水誠著
金銭債務の不履行について / 能見善久著
免責条項について / 加藤一郎著
「相関関係理論」に関する一考察 : 不法行為における違法性判断の構造 / 四宮和夫著
男子貞操義務論争 / 利谷信義著
妻の相続権 / 久留都茂子著
近代ドイツの経済発展と私的自治 : 「営業の自由」を中心として / 村上淳一著
一般注記 執筆: 星野英一 [ほか]
著者標目 加藤, 一郎(1922-) 編 <カトウ, イチロウ>
件 名 NDLSH:民法
分 類 NDC8:324.04
NDC7:324.01
NDLC:A811
書誌ID 1000142750
NCID BN00446537
巻冊次 PRICE:4800円
NBN JP82015776
登録日 2009.09.11
更新日 2009.09.15

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています