このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:16回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
Metaphysik als Grenzgang : die Idee der Aufkärung unter dem Primat der praktischen Vernunft in der Philosophie Immanuel Kants

責任表示 Max-Otto Lorenzen
データ種別 図書
出版者 Hamburg : F. Meiner
出版年 c1991
本文言語 ドイツ語
大きさ ix, 376 p. ; 24 cm

所蔵情報


法 研究室 068152191016812 Z 00/L/77 1991

書誌詳細

一般注記 Includes bibliographical references
著者標目 *Lorenzen, Max-Otto
件 名 LCSH:Kant, Immanuel, 1724-1804
LCSH:Enlightenment
LCSH:Ethics, Modern -- 18th century  全ての件名で検索
LCSH:Philosophy -- History -- 18th century  全ての件名で検索
分 類 LCC:B2798
書誌ID 1000131568
ISBN 3787310118
NCID BA13452257
巻冊次 ISBN:3787310118
登録日 2009.09.10
更新日 2009.09.10

類似資料