このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:8回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
La interpretatio ai verba "quanti ea res est" nella giurisprudenza romana : l'analisi di Ulpiano

責任表示 Sebastiano Tafaro
シリーズ Pubblicazioni della Facoltà giuridica dell'Università di Bari ; 57
データ種別 図書
出版者 Napoli : Jovene
出版年 1980
本文言語 イタリア語
大きさ xi, 231 p. ; 24 cm

所蔵情報


中央図 [閉架]準貴重書室 4 [クンケル文庫] 068032183008416 KL 18/Ta 16/1 1980

書誌詳細

一般注記 Includes bibliographical references and index
著者標目 *Tafaro, Sebastiano
件 名 LCSH:Pleading (Roman law)
LCSH:Civil procedure (Roman law)
分 類 LCC:KJA2748
書誌ID 1000052902
NCID BA01007643
巻冊次 PRICE:L9000
登録日 2009.09.10
更新日 2009.09.10

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています