このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:45回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
四次元主義の哲学 : 持続と時間の存在論
ヨジゲン シュギ ノ テツガク : ジゾク ト ジカン ノ ソンザイロン

責任表示 セオドア・サイダー著 ; 小山虎, 齋藤暢人, 鈴木生郎訳
シリーズ 現代哲学への招待 / 丹治信春監修 ; . Great Works
データ種別 図書
出版者 東京 : 春秋社
出版年 2007.10
本文言語 日本語
大きさ ix, 437, 25p ; 20cm
概要 ものは変化するのになぜ同一でありうるのか。「テセウスの船」や「粘土と像」といったパラドックスから、相対性理論やタイムトラベルなど、多彩な問題設定で対立する諸理論を精査、独自の時間論を提唱する若き俊英のアメリカ哲学会賞受賞作。現代の形而上学を知るのに不可欠な「用語解説」を付す。
目次 第1章 四次元的な世界像
第2章 現在主義への批判(時間論における二つの問題—存在論と時制
時間をまたいだ空間的関係 ほか)
第3章 三次元主義と四次元主義を規定する(なぜ定式化にこだわるのか
四次元主義を規定する ほか)
第4章 四次元主義の擁護(1)(節約に基づくラッセルの議論
論理学に基づく議論 ほか)
第5章 四次元主義の擁護(2)—一致のパラドックスについての、もっとも優れた統一理論(一致の脅威
ワーム説と一致 ほか)
第6章 四次元主義に対する反論(言語学的反論と認識的反論
変化の不可能性に基づく反論 ほか)
続きを見る

所蔵情報


理 物理 凝縮系理論 058112008010732 111/Si 1 2007

文 哲学(研究室) 110012018070872 111/Si 1 2007

書誌詳細

別書名 原タイトル:Four-dimensionalism : an ontology of persistence and time
一般注記 文献: p421, 436-437
参考文献: 巻末p10-25
監訳: 中山康雄
著者標目 Sider, Theodore
中山, 康雄(1952-) <ナカヤマ, ヤスオ>
小山, 虎 <コヤマ, トラ>
齋藤, 暢人 <サイトウ, ノブト>
鈴木, 生郎(1978-) <スズキ, イクロウ>
件 名 BSH:形而上学
BSH:時間(哲学)
NDLSH:時間・空間
分 類 NDC8:111
NDC9:111
書誌ID 1000025350
ISBN 9784393323137
NCID BA83650528
巻冊次 ISBN:9784393323137
登録日 2008.05.29
更新日 2008.05.29

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています