このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:21回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
『愚管抄』の「ウソ」と「マコト」 : 歴史語りの自己言及性を超え出て
グカンショウ ノ ウソ ト マコト : レキシガタリ ノ ジコ ゲンキュウセイ オ コエデテ

責任表示 深沢徹著
データ種別 図書
出版者 東京 : 森話社
出版年 2006.11
本文言語 日本語
大きさ 371p : 挿図 ; 22cm
概要 『愚管抄』はどのように「虚」を構えることによって、現実の歴史を超え出て、あるべき未来の歴史のビジョンを打ち出すことができたのか。多分に「虚構」をまじえた、その「主体」のあり方と「叙述」のメカニズムを解明する。
目次 プロローグ 『愚管抄』論に向けての二つの助走(作為篇 偽書の青春—九条家に見る草創期の「家」の文化戦略
自然篇 狐がくれた「鎌」の話—藤原摂関家の女たちによる鎌足神話の創出)
第1部 その二つの形式をめぐって(時間論 天下を淳素に反すべし!—『愚管抄』に見る転換期のロマンティーク
言説論 歴史の外部に立つこと—『愚管抄』における「一人称」表現の可能性)
第2部 その三つの主題をめぐって(文武兼行論 ハカラヒの政治学—変転する「道理」と兵学リアリズム
女人入眼論 女は世界を救えるか—『愚管抄』に見る慈円の「女性嫌悪」
二神約諾論 「未来騙り」のテキスト—『愚管抄』のウソとマコト)
第3部 同時代テキストとの比較二題(法然論 「おわり」と「はじまり」の意識—『愚管抄』に見る“とき”の相克
長明論 「安元の大火」に見る隠れた争点—「意味付け」の拒否、もしくはその多様化へ向けて)
エピローグ 表題の意図をめぐって(自己言及論 歴史を「書く」とはどういうことか—歴史叙述の“ウソ”と“マコト”)

所蔵情報


高推セ 文(箱崎) 058112006077007 210.3/F 73 2006

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:愚管抄のウソとマコト : 歴史語りの自己言及性を超え出て
著者標目 深沢, 徹(1953-) <フカザワ, トオル>
件 名 BSH:慈円
BSH:愚管抄
分 類 NDC8:210.3
NDC9:210.3
書誌ID 1000024629
ISBN 4916087690
NCID BA79561049
巻冊次 ISBN:4916087690 ; PRICE:5600円+税
登録日 2007.03.20
更新日 2007.03.20

類似資料