このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:13回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
一人称二人称と対話
イチニンショウ ニニンショウ ト タイワ

責任表示 三輪正著
データ種別 図書
出版者 京都 : 人文書院
出版年 2005.2
本文言語 日本語
大きさ 192p ; 20cm
概要 グローバル化社会のなかで危機に立つ日本語の言葉遣い。どうすれば日本語が会話や対話にとって使いやすい言語になるか—真摯な問いかけ。
目次 何が問題なのか
第1章 一人称二人称の過去と現在(日本語と世界の言語とにおける一人称二人称
日本語一人称はどうして増えてきたか
日本語と世界の言語とにおける二人称の増え方と英語のザウの消滅
日本語で一人称が二人称に転用されるのはどうしてか
一人称二人称の相称性と非相称性の問題 ほか)
第2章 日本語一人称二人称と対話(話し手と話し相手とを意味する一人称二人称とそれ以外に多くを意味する日本語一人称二人称
ダイアローグ(対話)の一人称二人称とモノローグ(独話、語り物)の一人称二人称
モノローグの方法としてのレトリック、対話をとおして善を追求する方法としてのダイアレクティック(弁証法)「わたしは考える」から出発する近代科学
上下の理と対等の理
感情を自然に託してうたう日本語と行為を人称詞に託して語る言語 ほか)
結論に代えて
続きを見る

所蔵情報


△言文 独語(箱崎) 058112004063781 815.3/Mi 68 2005

書誌詳細

一般注記 主な参考文献: p178-184
著者標目 三輪, 正(1926-) <ミワ, マサシ>
件 名 BSH:日本語 -- 代名詞  全ての件名で検索
分 類 NDC9:815.3
書誌ID 1000021655
ISBN 4409040707
NCID BA7087301X
巻冊次 ISBN:4409040707 ; PRICE:1800円+税
登録日 2005.02.23
更新日 2005.02.23

類似資料