このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:11回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
主権国家体系の生成 : 「国際社会」認識の再検証
シュケン コッカ タイケイ ノ セイセイ : コクサイ シャカイ ニンシキ ノ サイケンショウ

責任表示 山影進編著
シリーズ Minerva人文・社会科学叢書 ; 177
データ種別 図書
出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2012.3
本文言語 日本語
大きさ vii, 361, 4p : 挿図 ; 22cm
概要 近現代の国際社会の基本枠組でありつづけた主権国家体系は、いま、多様な主体の台頭や地球規模的な課題の深刻化により、根本から見直されつつある。本書は、同時代人の認識に注目し、300年に及ぶ主権国家体系の生成過程を共時的・通時的に描く。国際関係と国際関係思想の歴史叙述を単に組み替えるのではなく、社会秩序変動の分析枠組を念頭に置くことにより、新しい見方を提起する。
目次 主権国家体系生成過程への接近—立体像を描くための語り口と切り口
第1部 近世ヨーロッパ国際体系の同時代像(中世後期ヨーロッパと先進地域イタリア—主権国家体系の素材はいかに用意されたのか
イタリア国際体系の展開—主権国家体系の雛形はどんなものであったのか
ヨーロッパ国際体系の始動—ヨーロッパの国家と国際関係はどのように再編されたのか
ウェストファリア国際体系の実像—一六四八年はどのような意義をもつ年なのか
近代主権国家体系の確立へ—主権国家平等と勢力均衡の二大原則はいかに組み込まれたのか)
第2部 変容する近世ヨーロッパ国際体系の諸側面(神聖ローマ皇帝の消長とその理論—国際主体としての皇帝の地位はどのように変遷したのか
ロシア帝国とオスマン帝国のヨーロッパ国際体系への参入—異質な政治体はどのように取り込まれていったのか
条約からみた近世ヨーロッパ国際体系の変容—ネットワークの全体と主要な主体はどのように推移したか
理念としての主権国家体系の形成と浸透—国際体系観はどのように変化していったのか)

所蔵情報


比文 国際社会 032112013036683 319.3/Y 27 2012

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:主権国家体系の生成 : 国際社会認識の再検証
一般注記 関連年表: p329-339
参考文献一覧: p341-358
著者標目 山影, 進(1949-) <ヤマカゲ, ススム>
件 名 NDLSH:ヨーロッパ -- 外国関係 -- 歴史 -- 近代  全ての件名で検索
NDLSH:国家 -- 歴史 -- 近代  全ての件名で検索
BSH:国際政治
BSH:国家
分 類 NDC9:319.3
書誌ID 1001524714
ISBN 9784623063239
NCID BB08937607
巻冊次 ISBN:9784623063239 ; PRICE:6000円+税
登録日 2014.01.24
更新日 2014.01.24

類似資料