このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:45回

  • 貸出数:17回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
臨床薬物動態学 : 臨床薬理学・薬物療法の基礎として
リンショウ ヤクブツ ドウタイガク : リンショウ ヤクリガク ・ ヤクブツ リョウホウ ノ キソ ト シテ

責任表示 加藤隆一著
データ種別 図書
改訂第4版
出版者 東京 : 南江堂
出版年 2009.4
本文言語 日本語
大きさ ix, 372p : 挿図 ; 26cm
目次 薬の体内動態
薬の生体膜通過
薬の投与部位からの吸収
薬の体内分布と臓器クリアランス
薬の代謝
薬の排泄
薬物動態理論
薬物動態の統合的把握の重要性
薬理遺伝学
薬物相互作用
食事内容・嗜好品・生活習慣と薬物動態
薬物反応性と薬物動態の個人差・人種差
年齢と薬物動態
女性および妊娠時における薬物動態
病態下における薬物動態
高分子生体医薬品の体内動態の特徴
TDMに基づく最適投与方法の設計
ヒトにおける薬物動態を指向した医薬品開発
続きを見る

所蔵情報


医学図 1F 開架 040112013080735 QV 38/Ka 86/2012 2012

書誌詳細

別書名 標題紙タイトル:Clinical pharmacokinetics
異なりアクセスタイトル:臨床薬物動態学 : 臨床薬理学薬物療法の基礎として
一般注記 参考文献: 章末
著者標目 加藤, 隆一(1930-) <カトウ, リュウイチ>
件 名 BSH:薬理学
分 類 NDC8:491.5
NDC9:491.5
書誌ID 1001511446
ISBN 9784524250554
NCID BA89678199
巻冊次 ISBN:9784524250554 ; PRICE:5700円+税
登録日 2013.07.24
更新日 2013.07.24

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています