このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:2回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
私の遺品お願いします。 : 遺品整理屋の事前相談
ワタクシ ノ イヒン オネガイシマス : イヒン セイリヤ ノ ジゼン ソウダン

責任表示 吉田太一著
データ種別 図書
出版者 東京 : 幻冬舎
出版年 2011.10
本文言語 日本語
大きさ 194p ; 19cm
概要 「私が死んだ後の片づけの見積もりを取っておきたいのです」余命宣告を受けた50歳男性、大企業を退職後、孤立死に不安を覚える66歳男性、子供がいるのに死後の段取りを行う93歳男性、元気なうちに“人生の大掃除”をする85歳女性、夫に死なれた直後に被災して不安な日々を送る68歳女性。日本初の遺品整理屋が受けた100件近い「事前見積もり」の相談から見えてきた今を生きる私達が抱える切実な問題とは。
目次 はじめに 「死んだ後の片づけの見積もりを取っておきたいのです」
事前見積もりをご相談される前に(1)(なぜ遺品整理の予約を歓迎しないのか?—「それで安心できるなら、見積書を書かせていただきます」
死後の準備をなぜ行うのか?—「これで安心して死ねるわ」 ほか)
事前見積もりのご相談から見えてきたこと(1)(初めての事前見積もり訪問—誰にも依存せず、自立して生きてきた元看護師長(70歳女性)
自分のことは自分の責任で...?—全盛期にはスナック5店経営、人一倍プライド高く生きてきた(69歳女性) ほか)
事前見積もりをご相談される前に(2)(遺言書はお書きになりましたか?—「いよいよ最後と認めることになるので、踏ん切りがつかないのです」
献体や尊厳死の希望者は意外に多い?—「最期を漠然と迎えたくない」 ほか)
事前見積もりのご相談から見えてきたこと(2)(通帳の残金を見ながら生きているの...—金銭面で迷惑をかけてまで長生きしたくない(70歳女性)
戻ってきてしまうお誕生日カード—ご遺族からの連絡がない限り、データの中で生き続ける ほか)
あとがきにかえて—「大丈夫!天国には請求書は届きませんから」

所蔵情報


中央図 自動書庫 021112013000100 宗教/24A/413 2011

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:私の遺品お願いします。 : 遺品整理屋の事前相談
著者標目 吉田, 太一 <ヨシダ, タイチ>
件 名 BSH:中高年齢者
BSH:孤独
分 類 NDC8:367.7
NDC9:367.75
書誌ID 1001503752
ISBN 9784344020634
NCID BB07141260
巻冊次 ISBN:9784344020634 ; PRICE:1300円
登録日 2013.04.16
更新日 2013.04.16

類似資料