このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:16回

  • 貸出数:3回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
自由の秩序 : カントの法および国家の哲学
ジユウ ノ チツジョ : カント ノ ホウ オヨビ コッカ ノ テツガク

責任表示 W.ケアスティング著 ; 御子柴善之 [ほか] 訳
シリーズ Minerva人文・社会科学叢書 ; 183
データ種別 図書
出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2013.1
本文言語 日本語
大きさ xviii, 415, 26p ; 22cm
概要 法・権利とは何か。本書は、法の原理から国家へ、国家から国際的な法共同体へと思考を展開する、カント法哲学の全容を視野に収めた他に類を見ない研究書である。EU統合など、アクチュアルな問題を考える研究者にとっても必読となろう待望の一冊。ドイツ語の原著から初邦訳でお届けする。
目次 緒論(二〇〇七年)—カントと現代政治哲学(政治哲学の死
現代における政治哲学の復活 ほか)
第1部 法の根拠づけ(法の概念
法の法則と道徳原理
法と倫理学
人間性の権利
カントによるウルピアヌスの法規則の解釈)
第2部 私法(所有
債権
物件に対する仕方で人格に対する権利—権利的債権)
第3部 国家法(自然状態‐所有‐国家
根源的契約
市民状態の三つの原理
主権と権力分立
支配形式と統治様式
実定法の拘束力と抵抗の禁止)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 032112012054641 321.1/Ke 59 2013

中央図 4A 032112013034575 321.1/Ke 59 2013

中央図 自動書庫 024112012013341 Bj 20/K/41 2013

法 研究室 024112012015826 Bj 20/K/41A 2013

法 研究室 024112013010205 Bj 20/K/41B 2013

書誌詳細

別書名 原タイトル:Wohlgeordnete Freiheit : Immanuel Kants Rechts- und Staatsphilosophie
一般注記 その他の訳者: 小野原雅夫, 石田京子, 桐原隆弘
監訳: 舟場保之, 寺田俊郎
原著第3版 (Mentis, 2007) の翻訳
文献一覧: 巻末p11-26
著者標目 Kersting, Wolfgang
御子柴, 善之(1961-) <ミコシバ, ヨシユキ>
小野原, 雅夫(1961-) <オノハラ, マサオ>
石田, 京子(1979-) <イシダ, キョウコ>
桐原, 隆弘 <キリハラ, タカヒロ>
舟場, 保之(1962-) <フナバ, ヤスユキ>
寺田, 俊郎(1962-) <テラダ, トシロウ>
件 名 BSH:Kant, Immanuel, 1724-1804
BSH:法哲学
NDLSH:Kant, Immanuel(1724-1804)
NDLSH:法哲学
LCSH:Kant, Immanuel, 1724-1804
分 類 NDC8:321.1
NDC9:321.1
NDLC:A123
書誌ID 1001498197
ISBN 9784623064366
NCID BB11461673
巻冊次 ISBN:9784623064366 ; PRICE:7000円+税
NBN JP22196859
登録日 2013.02.05
更新日 2014.02.12

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています