このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:18回

  • 貸出数:6回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
奈良時代の政争と皇位継承
ナラ ジダイ ノ セイソウ ト コウイ ケイショウ

責任表示 木本好信著
データ種別 図書
出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 2012.3
本文言語 日本語
大きさ 7, 236, 7p ; 22cm
概要 奈良の都では、皇族や藤原氏ら貴族たちによって、皇位継承をめぐる政争が繰り広げられた。安積親王の暗殺をはじめ、光明皇后、藤原仲麻呂体制、橘奈良麻呂の変、孝謙太上天皇・淳仁天皇の帝権分離、称徳・道鏡政権、氷上川継事件や藤原種継暗殺事件など、様々なテーマを検証。奈良時代における天皇権力と専権貴族の政治闘争の実態に鋭く迫る。
目次 1 孝謙・淳仁朝の政争と皇位継承(藤原仲麻呂による安積親王暗殺説の検討—横田健一説の検証を中心として
孝謙女帝をめぐる試論—瀧浪貞子氏『女性天皇』にふれて
光明皇太后の政治構想—光明皇太后と孝謙上皇母娘の葛藤
橘奈良麻呂の変一齣—「〓(せ)を奈羅に置く」について
孝謙太上天皇・淳仁天皇の帝権分離について—天皇権力と専権帰属の政治闘争再論
『続日本紀』の「淳仁天皇廃位」条文)
2 称徳・光仁・桓武朝の政争と皇位継承(称徳・道鏡政権の実態—貴族官人層との関係
藤原真楯薨伝について
藤原真楯薨伝再論—『公卿補任』尻付と「功臣家伝」
称徳女帝の「遺宣」—光仁天皇の立太子事情
水上川継事件と藤原浜成—桓武朝の成立と天武皇統の終焉
藤原種継の暗殺事件と早良廃太子
藤原種継の暗殺事件と五百枝王)
続きを見る

所蔵情報


中央図 2C_74‐89 [文/国史] 021112012012244 国史/3C/2434 2012

書誌詳細

著者標目 *木本, 好信(1950-) <キモト, ヨシノブ>
件 名 BSH:日本 -- 歴史 -- 奈良時代  全ての件名で検索
BSH:皇位継承
分 類 NDC8:210.35
NDC9:210.35
書誌ID 1001493155
ISBN 9784642024945
NCID BB08811369
巻冊次 ISBN:9784642024945 ; PRICE:8000円+税
登録日 2012.12.10
更新日 2012.12.10

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています