このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:22回

  • 貸出数:3回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
防災の社会学 : 防災コミュニティの社会設計に向けて
ボウサイ ノ シャカイガク : ボウサイ コミュニティ ノ シャカイ セッケイ ニ ムケテ

責任表示 吉原直樹編
シリーズ シリーズ・防災を考える ; 1
データ種別 図書
第2版
出版者 東京 : 東信堂
出版年 2012.11
本文言語 日本語
大きさ xii, 336p ; 22cm
概要 3.11の大災害は、技術主導の下醸成されてきた安全神話、さらに戦後日本を根底で支えてきた専門知/技術知への信頼を崩壊に導いた。本第二版は、この衝撃的事態の進展を見詰めつつ、災害現場調査等、その後3.11に関してもたらされた知見をベースとした約100頁を初版に加え、これまで看過されてきたローカル・ナレッジの掘り起こしはじめ、新たな地域住民の実践やセーフティネットの再構築を展望する。
目次 東日本大震災と「防災の社会学」—第二版の刊行に寄せて
防災の思想—まちづくりと都市計画の“転換”へむけて
防災をめぐるローカル・ノレッジ—消防団の系譜と今後の可能性を中心として
防災コミュニティと町内会—中越地震・中越沖地震の経験から
都市部町内会における東日本大震災への対応—盛岡市松園地区北松園町内会「北松園自主防災隊」の事例
震災ボランティアと支えあいのしくみづくり
被災者の生活再建の社会過程
災害弱者の支援と自立
災害支援・防災と情報メディア環境—東日本大震災における情報支援の過程から
防災ガバナンスの可能性と課題
防災と地域セキュリティの論理
補論1:地域資源と防災力—いわき市を事例に
補論2:災害と文化芸術
補論3:“災害の社会学”関連文献解題
続きを見る

所蔵情報


中央図 自動書庫 025112012005093 369.3/Y 87/20120509 2012

書誌詳細

一般注記 文献: 各章末
著者標目 吉原, 直樹(1948-) <ヨシハラ, ナオキ>
件 名 BSH:災害予防
分 類 NDC8:369.3
NDC9:369.3
書誌ID 1001491137
ISBN 9784798901480
NCID BB10632668
巻冊次 ISBN:9784798901480 ; PRICE:3800円+税
登録日 2012.11.15
更新日 2012.11.15

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています