このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:39回

  • 貸出数:21回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
官僚制としての日本陸軍
カンリョウセイ トシテノ ニホン リクグン

責任表示 北岡伸一著
データ種別 図書
出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 2012.9
本文言語 日本語
大きさ 361, xip : 挿図, 地図, 肖像 ; 20cm
概要 近代軍事史を背景に、皇道派や統制派など派閥対立の実態や支那課官僚の動向、宇垣一成の同時代観などの検証を通して、昭和陸軍の興隆と没落を描く。
目次 序章 予備的考察
第1章 政治と軍事の病理学
第2章 支那課官僚の役割
補論 満州事変とは何だったのか
第3章 陸軍派閥対立(一九三一‐三五)の再検討
第4章 宇垣一成の一五年戦争批判

所蔵情報


中央図 4A 010112012012265 396.21/Ki 72 2012

中央図 4C_1‐135 [法] 024112012006613 Lj 70/K/281 2012

書誌詳細

一般注記 本書関連年表: pi-xi
著者標目 北岡, 伸一(1948-) <キタオカ, シンイチ>
件 名 BSH:陸軍 -- 日本  全ての件名で検索
分 類 NDC8:396.21
NDC9:396.21
書誌ID 1001486520
ISBN 9784480864062
NCID BB10180395
巻冊次 ISBN:9784480864062 ; PRICE:2600円+税
登録日 2012.09.25
更新日 2012.09.25

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています