このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:243回

  • 貸出数:62回
    (1年以内の貸出数:5回)

<図書>
質的研究法
シツテキ ケンキュウホウ

責任表示 能智正博著
シリーズ 臨床心理学をまなぶ / 下山晴彦編 ; 6
データ種別 図書
出版者 東京 : 東京大学出版会
出版年 2011.5
本文言語 日本語
大きさ iv, 366p : 挿図 ; 21cm
概要 絶えざる対話と内省の中で—生身の人間としてフィールドに入り、関わり合うことで見えてくるものとは。データ収集・分析の前提となる考え方から、実践の手続きやコツ、論文の書き方まで、語りと観察を中心にくわしく解説する。
目次 第1部 質的研究を始める前に(質的研究は何をしようとしているのか
今なぜ質的研究なのか
“語り”とは何だろうか)
第2部 研究計画とデータ収集(質的研究をどう立ち上げるか
観察とはどういう行為か
どのように観察するか
インタビューとはどういう関係性か
インタビューをどう準備するか
インタビューをどう実施するか)
第3部 データの分析と結果の提示(質的データの分析をどう準備するか
質的な分析とはどのような作業か
分析をどう展開するか(内省を深める
対話を広げる)
研究の成果をどう伝えるか)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 010112012002760 146/Sh 55 2012

筑紫図 060112012002571 146/N 91 2011

書誌詳細

別書名 その他のタイトル:Qualitative research methods
一般注記 その他のタイトルは標題紙裏による
引用文献: 各章末
著者標目 能智, 正博 <ノウチ, マサヒロ>
件 名 BSH:臨床心理学
BSH:コミュニティ心理学
BSH:質的研究
分 類 NDC9:146
書誌ID 1001479637
ISBN 9784130151368
NCID BB05694939
巻冊次 ISBN:9784130151368 ; PRICE:2500円+税
登録日 2012.06.27
更新日 2012.06.27

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています