このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:9回

  • 貸出数:9回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
中世社会の刑罰と法観念
チュウセイ シャカイ ノ ケイバツ ト ホウカンネン

責任表示 渡邉俊著
データ種別 図書
出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 2011.5
本文言語 日本語
大きさ 6, 268, 9p ; 22cm
概要 古来、執行されてきた刑罰の中世的特徴とは何か。検非違使庁による罪人の拘禁・追放や財産没収の実態分析をもとに中世が成立する様相を追究。また、滅罪と清祓に注目し、神仏を核とする中世固有の法観念を解明する。
目次 本書の視角と課題
第1部 支配権力と刑罰(使庁における追放と財産刑の形成—住宅「壊取」を中心に
使庁と没官領—「宝鏡寺文書」所収売券案の考察
京中獄制の特質と社会的機能)
第2部 神仏と法観念(寺領支配における追放・没収刑の論理
滅罪と安穏
『春日清祓記』の基礎的考察
鎌倉期春日社における清祓祭物の徴収とその配分
「罪科」と清祓)
「罪」の観点からみた中世社会の秩序

所蔵情報


中央図 4C_1‐135 [法] 024112011020674 Kj 10/W/15 2011

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:中世社会の刑罰と法観念
その他のタイトル:日本中世の刑罰と社会の研究
一般注記 学位請求論文「日本中世の刑罰と社会の研究」(東北大学, 2007年) をもとに、再構成したもの
著者標目 *渡邉, 俊(1977-) <ワタナベ, スグル>
件 名 BSH:法制史 -- 日本  全ての件名で検索
BSH:刑罰 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:322.14
NDC9:322.14
書誌ID 1001466468
ISBN 9784642028998
NCID BB05562494
巻冊次 ISBN:9784642028998 ; PRICE:10000円+税
登録日 2012.02.01
更新日 2012.02.01

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています