このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:15回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
「清明上河図」と徽宗の時代 : そして輝きの残照
セイメイ ジョウカズ ト キソウ ノ ジダイ : ソシテ カガヤキ ノ ザンショウ

責任表示 伊原弘編
データ種別 図書
出版者 東京 : 勉誠出版
出版年 2012.1
本文言語 日本語
大きさ xxxvi, 378, 10p : 挿図 ; 22cm
概要 中国美術の至宝「清明上河図」とその時代を多角的観点から徹底検証。後世の画巻美術に与えた影響を考察するとともに、「政治的に無能で国民の怨嗟の声をあびた」とされる皇帝徽宗の評価を再検討する。『「清明上河図」をよむ』の続編。
目次 第1部 徽宗—都市と芸術の開拓者(清明上河図の背景—都市と町の経済
清明上河図と、北宋(九六〇‐一一二七)東都(開封)のテキスト地理学
メディアとしての都城空間と張擇端『清明上河図』—五代北宋における政治文化の変遷のなかで
芸術と政治—徽宗の絵画
徽宗朝の開封の建築計画
清明上河図と蘇軾の芸術論
天を観て民に示す—王安石学派易学初探)
第2部 清明上河図—風俗画の伝承と拡散(仇英筆清明上河図と云われる図巻に就いて
張擇端「清明上河図巻」(北京故宮博物院)の絵画史的位置
張擇端「清明上河図」とその影響力—仇英「清明上河図」から「姑蘇繁華図」、「乾隆南巡図巻」まで
晩明『清明上河図』考—その都市性をめぐって
東アジアにおける都市図と風俗画—「清明上河図」と近世日本絵画)
第3部 描かれぬものと描かれたもの—継承される画巻に時代をみる(画巻に民俗をよむ
画巻に時代をよむ—『残冬京華図』へのみち)
続きを見る

所蔵情報


文 東史(研究室) 021112011014526 東史/43A/971 2012

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:清明上河図と徽宗の時代 : そして輝きの残照
一般注記 折り込図5枚
著者標目 伊原, 弘(1944-) <イハラ, ヒロシ>
件 名 BSH:張, 択端
BSH:徽宗
BSH:中国 -- 歴史 -- 宋時代  全ての件名で検索
分 類 NDC8:722.25
NDC9:722.25
書誌ID 1001465684
ISBN 9784585270058
NCID BB07843315
巻冊次 ISBN:9784585270058 ; PRICE:4500円+税
登録日 2012.01.25
更新日 2012.01.25

類似資料