このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:14回

  • 貸出数:19回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
社会学の方法 : その歴史と構造
シャカイガク ノ ホウホウ : ソノ レキシ ト コウゾウ

責任表示 佐藤俊樹著
シリーズ 叢書・現代社会学 ; 5
データ種別 図書
出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2011.9
本文言語 日本語
大きさ xi, 434, 24p : 挿図 ; 20cm
概要 社会学はどう使えるのか、どう使うべきなのか。本書は、教祖デュルケーム、天才ジンメル、巨匠ウェーバー、伝道師パーソンズ、達人マートン、鬼才ルーマンという六人の「偉大な社会学者」たちの人生と著作を通じて、社会学の形成と展開をたどるとともに、それをふまえて現代社会学の地平を見渡し、現代の社会を描く方法を解き明かす。
目次 社会学の使い方
第1部 社会学の形成と展開(社会を観察すること—社会学とは何か
始まりのデュルケーム—二重の少数派として
目に見えるモノと見えざるもの—科学の視線と方法
ジンメルの問いの平面—社会と形式
ウェーバーの旋回—実証と比較
パーソンズと機能主義—理論社会学の地平
マートンの視点と手法—当事者と観察者の間で
到達点と転回—ルーマンをめぐって)
第2部 現代社会学の地平(内部観察と自己論理
制度と自己産出
システムの時空
機能分化と自己記述)
社会学はなぜ必要なのか
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 010112011017684 361.16/Sa 85 2011

中央図 3E 032112012027124 361.16/Sa 85 2012

中央図 自動書庫 032112011049408 361.08/So 63 2011

理系図1F 開架 032112011032251 361.16/Sa 85 2011

文 社会(研究室) 021112011008842 社会/1/1668 2011

書誌詳細

一般注記 六人の社会学者の文献案内: p417-426
参考文献: 巻末p8-24
索引あり
著者標目 佐藤, 俊樹(1963-) <サトウ, トシキ>
件 名 NDLSH:社会学 -- 方法論  全ての件名で検索
LCSH:Durkheim, Emile, 1858-1917
LCSH:Simmel, Georg, 1858-1918
LCSH:Weber, Max, 1864-1920
LCSH:Parsons, Talcott, 1902-1979
LCSH:Merton, Robert King, 1910-2003
LCSH:Luhmann, Niklas, 1927-1998
BSH:社会学
分 類 NDC9:361.16
NDC9:361.08
書誌ID 1001459013
ISBN 9784623061242
NCID BB06796413
巻冊次 ISBN:9784623061242 ; PRICE:3500円+税
登録日 2011.11.02
更新日 2012.11.15

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています