このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:15回

  • 貸出数:5回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
ぼくは上陸している : 進化をめぐる旅の始まりの終わり
ボク ワ ジョウリク シテ イル : シンカ オ メグル タビ ノ ハジマリ ノ オワリ

責任表示 スティーヴン・ジェイ・グールド著 ; 渡辺政隆訳
データ種別 図書
出版者 東京 : 早川書房
出版年 2011.8
本文言語 日本語
大きさ 2冊 : 挿図 ; 20cm
概要 生きものは進化によってつながっている—人文学への深い造詣を織り交ぜ、進化生物学の真髄を語り続けたグールドの最後の科学エッセイ集。
ダーウィンが成し遂げた革命はかく受け継がれていく—ヒューマニズムとサイエンスの可能性を謳い上げてきた科学者グールドの25年の集大成。
目次 第1部 連続の中断(ぼくは上陸している)
第2部 学問間のつながり—間違った分割への科学的な傾斜(想像力なき科学も、事実なき芸術もありえない
ジム・ボウイの書簡とビル・バックナーの股間
すばらしきものすべての真の体現者
『アンデスの山奥』での芸術と科学の出会い)
第3部 ダーウィン以前と副産物(マルクスの葬儀に出席したダーウィン主義者の紳士
クルミの殻の中の先史人
フロイトの進化論的空想)
第4部 思想の古生物学におけるエッセイ(ユダヤ人とユダヤ石
化石が若かった頃)
第4部 思想の古生物学におけるエッセイ(承前)(梅毒とアトランティス大陸の羊飼い)
第5部 賽を投げる—進化の縮図六題(進化論の擁護
進化と人間の本性)
第6部 エヴォリューションの意味と描画(定義と始まり
構文解析と処理作業)
第7部 本来の自然な価値(在来植物という概念についての進化論的な視点
思考と臭気に関する旧来の誤り
人種の幾何学者
ハイデルベルクの大生理学者)
第8部 「ぼくは上陸している」からちょうど一〇〇年の二〇〇一年九月一一日の勝利と悲劇(ハリファックスの善き人々
アップル・ブラウン・ベティ
ウールワースビルディング
二〇〇一年九月一一日)
続きを見る

所蔵情報

理系図2F 開架 031112011012334 467.5/G 73 2011
中分セ 研究室 060112011002718 467.5/G 73 2011
理系図2F 開架 031112011012346 467.5/G 73 2011
中分セ 研究室 060112011002721 467.5/G 73 2011

書誌詳細

別書名 原タイトル:I have landed : the end of a beginning in natural history
異なりアクセスタイトル:ぼくは上陸している : 進化をめぐる旅の始まりの終わり
異なりアクセスタイトル:ぼくは上陸している : 進化をめぐる旅の始まりの終わり
著者標目 Gould, Stephen Jay, 1941-
渡辺, 政隆(1955-) 訳 <ワタナベ, マサタカ>
件 名 BSH:進化論
NDLSH:進化
分 類 NDC9:467.5
書誌ID 1001457945
ISBN 9784152092311
NCID BB06406789
巻冊次 上 ; ISBN:9784152092311 ; PRICE:2500円+税
下 ; ISBN:9784152092328 ; PRICE:2500円+税
登録日 2011.10.21
更新日 2012.03.09

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています