このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:30回

  • 貸出数:12回
    (1年以内の貸出数:2回)

<図書>
戦後知の可能性 : 歴史・宗教・民衆
センゴ チ ノ カノウセイ : レキシ シュウキョウ ミンシュウ

責任表示 安丸良夫, 喜安朗編
データ種別 図書
出版者 東京 : 山川出版社
出版年 2010.12
本文言語 日本語
大きさ xii, 441p ; 22cm
概要 戦後日本の新たな現実と向き合い、学知探求の筋道を模索した先学たちの軌跡をたどり、啓蒙から出発した戦後日本の知の変貌を見据える。
目次 戦後知の変貌 / 安丸良夫
石母田正と敗北の思考 : 一九五○年代における転回をめぐって / 磯前順一
丸山眞男の宗教理解 : 日本仏教史と思想史の方法論 / 島薗進
武内好のイスラム観: 戦前と戦後のあいだで / 臼杵陽
吉本隆明の思想と宗教 : 一九四○年代から六○年代まで / 島薗進
村上重良の近代宗教史研究 : 政教分離をめぐる生き方 / 林淳
黒田俊雄の中世宗教史研究 : 顕密体制論と親鸞 / 安丸良夫
網野善彦における絶対自由の精神 : 境界領域を踏破する歴史学 / 喜安朗
色川大吉と戦後歴史学 : 「民衆史」の構想力 / 安丸良夫
宮田登と民俗学の変貌 : 挑戦する「もう一つの史学」 / 林淳
柄谷行人から酒井直樹へ : ポストモダン思想における外部と普遍 / 磯前順一
変貌する知識人 : 知と身体 / 磯前順一
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 032112011017918 210.76/Y 65 2010

比文 文化動態 032112011006271 210.76/Y 65 2010

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:戦後知の可能性 : 歴史宗教民衆
内容注記 戦後知の変貌 / 安丸良夫
石母田正と敗北の思考 : 一九五○年代における転回をめぐって / 磯前順一
丸山眞男の宗教理解 : 日本仏教史と思想史の方法論 / 島薗進
武内好のイスラム観: 戦前と戦後のあいだで / 臼杵陽
吉本隆明の思想と宗教 : 一九四○年代から六○年代まで / 島薗進
村上重良の近代宗教史研究 : 政教分離をめぐる生き方 / 林淳
黒田俊雄の中世宗教史研究 : 顕密体制論と親鸞 / 安丸良夫
網野善彦における絶対自由の精神 : 境界領域を踏破する歴史学 / 喜安朗
色川大吉と戦後歴史学 : 「民衆史」の構想力 / 安丸良夫
宮田登と民俗学の変貌 : 挑戦する「もう一つの史学」 / 林淳
柄谷行人から酒井直樹へ : ポストモダン思想における外部と普遍 / 磯前順一
変貌する知識人 : 知と身体 / 磯前順一
著者標目 *安丸, 良夫(1934-) <ヤスマル, ヨシオ>
喜安, 朗(1931-) <キヤス, アキラ>
件 名 BSH:日本 -- 歴史 -- 昭和時代(1945年以後)  全ての件名で検索
BSH:日本思想 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:210.76
NDC9:210.76
書誌ID 1001449401
ISBN 9784634672239
NCID BB04353863
巻冊次 ISBN:9784634672239 ; PRICE:3500円+税
登録日 2011.06.08
更新日 2011.09.26

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています