このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:32回

  • 貸出数:6回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
音楽で人は輝く
オンガク デ ヒト ワ カガヤク

責任表示 樋口裕一著
シリーズ 集英社新書 ; 0577F
データ種別 図書
出版者 東京 : 集英社
出版年 2011.1
本文言語 日本語
大きさ 222p ; 18cm
概要 後期ロマン派の作曲家は、今日世界中で愛され、不朽の輝きを放っている。ブラームス、ワーグナー、ブルックナー、ドヴォルザーク、マーラー、R・シュトラウス、ヴォルフ...。この巨人たちの偉大な作品群を、どう楽しめば良いのだろう。その手がかりが、「ブラームス派とワーグナー派の対立」だ。この軸を理解すると、その崇高な音楽がさらに深みを増す。また、ベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーン、ベルリオーズ、...スト、シューマン等の位置づけも明確になり、シェーンベルク等の新ウィーン楽派も視野に収めることができる。両派の対立を軸に、それぞれの創作に影響を与えた「愛のドラマ」も見据えながら、クラシック音楽の魅力をあますところなく伝える。続きを見る
目次 第1章 対立のきざし(共通の基盤ベートーヴェン
前期ロマン派の時代—ブラームスにつながる作曲家たち
前期ロマン派の時代—ワーグナーにつながる作曲家たち
シューマンの愛と夢想の音楽)
第2章 ブラームス派の巨人たち(ブラームス
ドヴォルザーク
シュトラウス・ファミリー)
第3章 ワーグナー派の巨人たち(ワーグナー
ブルックナー
リヒャルト・シュトラウス
マーラー
フーゴー・ヴォルフ
新ウィーン学派)
最終章 結論にかえて
ラ・フォル・ジュルネで、後期ロマン派がテーマになる!
続きを見る

所蔵情報


芸工新書 2階 050112011000522 760/H56 2011

書誌詳細

別書名 表紙タイトル:音楽で人は輝く : 愛と対立のクラシック
著者標目 樋口, 裕一(1951-) <ヒグチ, ユウイチ>
件 名 BSH:音楽 -- 名曲解説  全ての件名で検索
分 類 NDC8:760.8
NDC9:760.8
書誌ID 1001447055
ISBN 9784087205770
NCID BB04506374
巻冊次 ISBN:9784087205770 ; PRICE:740円+税
NBN JP20040449
登録日 2011.05.09
更新日 2011.05.09

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています