このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:3回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
近代日本の社会事業思想 : 国家の「公益」と宗教の「愛」
キンダイ ニホン ノ シャカイ ジギョウ シソウ : コッカ ノ コウエキ ト シュウキョウ ノ アイ

責任表示 姜克實著
シリーズ Minerva人文・社会科学叢書 ; 166
データ種別 図書
出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2011.3
本文言語 日本語
大きさ xiii, 298, 3p : 挿図 ; 22cm
概要 近代日本の社会事業はどのように形成され、どのような特徴があったのか。本書では、国家と宗教の関係を基本視座にして、宗教的愛により自発的・散発的に起こった慈善事業が、国家の政策介入によって組織化され近代的社会事業に変貌していった過程を明らかにする。宗教と国家両者の緊張、協力関係の分析を通じて、「愛」(宗教)と「公益」(国家)の思想の特徴をそれぞれ明らかにし、そのあるべき姿を追求する。
目次 儒学思想と近代社会事業
第1部 愛から社会事業へ(治国平天下—渋沢栄一の慈善思想
信仰への献身—石井十次の思想新論
個人の信仰から国民的宗教へ—留岡幸助の社会事業思想
現世の浄土信仰—渡辺海旭の社会事業思想)
第2部 近代社会事業のプランナー(「衛生警察」の真義—後藤新平の初期思想と著書
人生と衛生—後藤新平の衛生国家思想
近代日本社会政策の準備—衛生局長時代の後藤新平
自助と共済—窪田静太郎の初期防貧思想)
近代社会事業の形成期における国家と宗教の位相

所蔵情報


中央図 3E 032112011000556 369.021/Ky 1 2011

中央図 3C_3‐39 [教育(人環)] 022112011002014 教育/14B/1924 2011

中央図 4C_1‐135 [法] 024112011012068 Gj 45/J/17 2011

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:近代日本の社会事業思想 : 国家の公益と宗教の愛
著者標目 *姜, 克実(1953-) <jiang, ke shi>
件 名 BSH:社会福祉 -- 日本  全ての件名で検索
NDLSH:宗教 -- 日本  全ての件名で検索
分 類 NDC8:369.021
NDC9:369.021
書誌ID 1001446040
ISBN 9784623058228
NCID BB05354475
巻冊次 ISBN:9784623058228 ; PRICE:5000円+税
登録日 2011.04.18
更新日 2012.02.16

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています