このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:21回

  • 貸出数:15回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
公共劇場の10年 : 舞台芸術・演劇の公共性の現在と未来
コウキョウ ゲキジョウ ノ 10ネン : ブタイ ゲイジュツ・エンゲキ ノ コウキョウセイ ノ ゲンザイ ト ミライ

責任表示 伊藤裕夫, 松井憲太郎, 小林真理編
データ種別 図書
出版者 国分寺 : 美学出版
出版年 2010.11
本文言語 日本語
大きさ 397p : 挿図 ; 21cm
概要 「劇場」「演劇」「舞台芸術」の公共性とはなにか。これからの劇場は、どのような方向性を模索していかなければならないのか。水戸芸術館から20年。静岡県舞台芸術センター、世田谷パブリックシアター、新国立劇場等の開館・開場から10余年。劇場法についての議論も活発化する中、さまざまな視点から「公共劇場」を考える。
目次 第1章 劇場または舞台芸術・演劇と公共性(「公共」劇場とは
公共性の出現
ドイツの公共劇場の成り立ち)
第2章 日本における公共劇場の10年(公共劇場のための演劇論—水戸芸術館
「公共劇場」を問いかけつづける—世田谷パブリックシアター
演劇、劇場は、地域のために何ができるのか—鳥の劇場
地方都市における創造型文化施設をめぐって—山口情報芸術センター
公共政策としての演劇・劇場政策—静岡県舞台芸術センター(SPAC))
第3章 海外における公共劇場の現状と課題(フランスの舞台芸術環境
「劇場監督」制度からみたドイツの公共劇場
シンガポール演劇と公共圏—統制とクリエイティビティーの「共犯関係」)
第4章 これからの公共劇場・劇場法についての課題(演劇の公共圏へ、ふたたび
専門家と文化施設
昨今の「劇場法」論議を廻って)
資料編(シンポジウムの記録
「劇場法(仮称)」を巡る議論の時系列的推移—今までの議論と方向性、出されている考え方について
公共劇場の10年関連年表)
続きを見る

所蔵情報


芸工2階 050112010021261 771/I89 2010

書誌詳細

別書名 標題紙タイトル:The decade of the public theater in Japan
異なりアクセスタイトル:公共劇場の10年 : 舞台芸術・演劇の公共性の現在と未来
異なりアクセスタイトル:公共劇場の10年 : 舞台芸術演劇の公共性の現在と未来
一般注記 公共劇場の10年関連年表: p290-391
著者標目 伊藤, 裕夫(1948-) <イトウ, ヤスオ>
松井, 憲太郎 <マツイ, ケンタロウ>
小林, 真理(1963-) <コバヤシ, マリ>
件 名 BSH:劇場
BSH:公共施設
分 類 NDC8:771
NDC9:771
書誌ID 1001443862
ISBN 9784902078220
NCID BB04698978
巻冊次 ISBN:9784902078220 ; PRICE:2800円+税
登録日 2011.03.24
更新日 2011.03.24

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています