このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:531回

  • 貸出数:36回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
鎌倉幕府と鎮西
カマクラ バクフ ト チンゼイ

責任表示 瀬野精一郎著
データ種別 図書
出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 2011.3
本文言語 日本語
大きさ 6, 237p ; 22cm
概要 平氏政権の基盤だった鎮西(九州)は、平氏滅亡後、鎌倉幕府の支配下に服したが、他地域とは異質の支配を受けた。その間の幕府の統治への在地勢力の対応の視点から、鎮西における時代の推移と地域の特質を解明する。
目次 鎌倉幕府成立期の鎮西
鎌倉幕府の鎮西統治に対する抵抗と挫折
鎌倉幕府による鎮西特殊立法について
京都大番役勤仕に関する一考察
東国御家人の鎮西における領主制展開の一形態—上総国御家人深堀氏の場合
鎌倉時代における「謀書」の罪科
モンゴル合戦恩賞対象地としての肥前国神崎庄
蒙古恩賞地配分に関する相田理論の誤謬
鎌倉幕府と鎮西の神社
鎌倉幕府裁許状の分析
鎌倉時代における改嫁と再婚
筑後国三瀦庄の成立と終焉
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 032112011006880 210.42/Se 72 2011

中央図 4C_1‐135 [法] 024112010025647 Kj 10/S/71 2011

書誌詳細

著者標目 瀬野, 精一郎(1931-) <セノ, セイイチロウ>
件 名 BSH:日本 -- 歴史 -- 鎌倉時代  全ての件名で検索
BSH:九州地方 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:210.42
NDC9:210.42
書誌ID 1001442928
ISBN 9784642028981
NCID BB0502896X
巻冊次 ISBN:9784642028981 ; PRICE:9000円+税
登録日 2011.03.08
更新日 2011.03.28

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています