このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:5回

  • 貸出数:10回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
無縁社会の正体 : 血縁・地縁・社縁はいかに崩壊したか
ムエン シャカイ ノ ショウタイ : ケツエン チエン シャエン ワ イカニ ホウカイ シタカ

責任表示 橘木俊詔著
データ種別 図書
出版者 東京 : PHP研究所
出版年 2011.1
本文言語 日本語
大きさ 238p ; 20cm
概要 32,000人の孤独死、1,500万の単独世帯、40,000件の熟年離婚...。「一人ぼっち社会」はどこまで広がるのか?孤独や貧困を救うにはどうすればよいのか。
目次 第1章 高齢単身者の激増という悲劇(孤独死の増加
単身者の急増 ほか)
第2章 家族をつくろうとしない人々(未婚者の増加
草食系男子と肉食系女子のミスマッチ ほか)
第3章 有縁社会だった日本(血縁とは何か
地縁とは何か ほか)
第4章 低下する家族の絆(離婚率がなぜ高くなったか
子育てに問題が生じている ほか)
第5章 無縁社会に期待される政策はあるか(個人の役割
地域共同体に期待できるか ほか)

所蔵情報


中央図 4C_1‐135 [法] 024112010024583 Zj 50/T/70 2011

芸工3階 050112011000041 368/Ta13 2011

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:無縁社会の正体 : 血縁地縁社縁はいかに崩壊したか
一般注記 参考文献: 巻末
著者標目 *橘木, 俊詔(1943-) <タチバナキ, トシアキ>
件 名 BSH:社会問題
BSH:社会政策
分 類 NDC8:360
NDC9:360
書誌ID 1001442143
ISBN 9784569794143
NCID BB0441072X
巻冊次 ISBN:9784569794143 ; PRICE:1300円+税
登録日 2011.02.28
更新日 2011.04.13

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています