このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:6回

  • 貸出数:16回
    (1年以内の貸出数:2回)

<図書>
比較経済分析 : 市場経済化と国家の役割
ヒカク ケイザイ ブンセキ : シジョウ ケイザイカ ト コッカ ノ ヤクワリ

責任表示 岩崎一郎, 鈴木拓著
シリーズ Minerva人文・社会科学叢書 ; 160
データ種別 図書
出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2010.4
本文言語 日本語
大きさ xvii, 349, 6p : 挿図 ; 22cm
概要 現在、市場と国家の役割分析は極めて重要であるにもかかわらず、比較経済論という学問領域へ誘う体系的な学術書が欠如している。本書は、市場経済化プロセスにおける国家の役割という、最も重大な問題について具体例とともに検討し、基本的な理論枠組みと実証手法を、今後の研究者が駆使すべき計量経済学的視点から解説する。巻末に計量分析用語解説付。
目次 比較経済分析の射程と方法—本書の狙いと構成
第1部 市場経済化と国家の役割
先行研究の展望と争点(市場経済原理の導入—経済改革の政策要素と実施戦略
市場経済を支える制度の構築—法の支配と民主化)
第2部 国家と経済成長(経済成長と国家の役割—移行諸国における経済成長の決定要因
移行戦略の多様性と経済成果—旧ソ連諸国の実証分析)
第3部 国家と外国資本(外国資本の誘致と国家の役割—移行諸国向け外国直接投資の決定要因
国際政治と外国資本—欧州連合の東方拡大と外国直接投資)
第4部 国家と非公式経済(汚職問題と国家—移行諸国における汚職水準の決定要因
官僚と企業家の汚職行動—旧ソ連諸国における企業収奪と国家捕獲)
第5部 国家と企業(国家所有・私有化・企業再建—ハンガリー企業のパネルデータ分析
政府代表取締役と企業経営—ロシア株式会社の実証分析)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 010112010025005 331.19/I 96 2010

中央図 3B 025112010009696 331.19/I 96/20100969 2010

理系図1F 開架 032112011005890 331.19/I 96 2010

書誌詳細

一般注記 編著者岩崎一郎の姓の2文字目は偏:山;旁:竒の置き換え
参考文献: p315-349
付: 統計・計量分析用語解説
著者標目 岩崎, 一郎(1966-) <イワサキ, イチロウ>
鈴木, 拓(1973-) <スズキ, タク>
件 名 NDLSH:比較経済学
BSH:経済政策
BSH:社会主義経済
BSH:経済分析
NDLSH:計量経済学
分 類 NDLC:DC33
NDC9:331.19
書誌ID 1001441466
ISBN 9784623054756
NCID BB01489064
巻冊次 ISBN:9784623054756 ; PRICE:6000円+税
登録日 2011.02.23
更新日 2011.02.23

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています