このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:10回

  • 貸出数:4回
    (1年以内の貸出数:2回)

<図書>
蒋介石と日本 : 友と敵のはざまで
ショウ カイセキ ト ニホン : トモ ト テキ ノ ハザマ デ

責任表示 黄自進著
シリーズ 東アジア叢書
データ種別 図書
出版者 東京 : 武田ランダムハウスジャパン
出版年 2011.1
本文言語 日本語
大きさ 248p ; 20cm
概要 もし、蒋介石がいなかったら...日本は南北に分かれていたかもしれない。日本を尊敬しながら敵にした蒋介石の生の声と戦中と戦後の「事実」を明らかにする。蒋介石の日記を読み通したこれまでにない日中台関係史。
目次 第1章 日本との関わり(国民革命期)(振武学校時代
高田連隊の時期 ほか)
第2章 友から敵への転換(国民政府期)(日本への接近
反共政策への踏み込み ほか)
第3章 戦争への道(日中戦争期)(「不抵抗政策」の由来
各政治集団の反応 ほか)
第4章 日中関係の再構築(国共内戦期)(連携反共の思惑
国共対峙で勝負の分かれ目になった接収問題 ほか)
終章 蒋介石と台湾—結論に代えて

所蔵情報


中央図 4A 010112010022760 289.2/Sh 96 2011

書誌詳細

一般注記 引用・参考文献一覧: p226-232
蒋介石年表: p234-241
著者標目 黄, 自進 <huang, zi jin>
件 名 BSH:蒋/介石
BSH:中国-対外関係-日本-歴史
分 類 NDC8:289.2
NDC9:289.2
書誌ID 1001440511
ISBN 9784270006283
NCID BB04753362
巻冊次 ISBN:9784270006283 ; PRICE:2200円+税
登録日 2011.02.09
更新日 2011.02.09

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています