このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:14回

  • 貸出数:3回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
カール・シュミット再考 : 第三帝国に向き合った知識人
カール・シュミット サイコウ : ダイサン テイコク ニ ムキアッタ チシキジン

責任表示 中道寿一著
シリーズ Minerva人文・社会科学叢書 ; 147
データ種別 図書
出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2009.4
本文言語 日本語
大きさ vii, 370, 4p : 挿図 ; 22cm
概要 カール・シュミットはなぜナチズムに関わったのか。ナチズムのもとでどのような行動をしていたのか。シュミットを現在考えることにいかなる意味があるのか。本書では、ワイマル末期から第三帝国期を経て、第二次世界大戦にいたるまでの、シュミットの政治思想の展開を、とりわけナチズムとの関係を中心として考察する。すなわち、大統領内閣の「桂冠法学者」からヒトラー内閣の「桂冠法学者」への転向、反ユダヤ主義との関係、第三...国期における政治的位置、戦後における評価などの論点について、これまでの研究への問題提起を行う。続きを見る
目次 第1章 ワイマル末期における政治構想
第2章 近代批判と「ポスト・モダン」
第3章 シュミット像の変化—左翼知識人から見たシュミット
第4章 「二重国家」の中で
第5章 ナチズムへの水脈
第6章 第三帝国期における政治的位置づけ
第7章 シュミットとラディカル・デモクラシー論
終章 カール・シュミット思想の現代的意義
付録

所蔵情報


中央図 4A 010112010016642 311.234/N 35 2009

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:カールシュミット再考 : 第三帝国に向き合った知識人
著者標目 中道, 寿一(1947-) <ナカミチ, ヒサカズ>
件 名 NDLSH:Schmitt, Carl(1888-1985)
BSH:ナチズム
分 類 NDC9:311.234
書誌ID 1001433907
ISBN 9784623054633
NCID BA89642839
巻冊次 ISBN:9784623054633 ; PRICE:5000円+税
登録日 2010.11.12
更新日 2010.11.12

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています