このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:81回

  • 貸出数:12回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
ケンペルとシーボルト : 「鎖国」日本を語った異国人たち
ケンペル ト シーボルト : サコク ニホン オ カタッタ イコクジンタチ

責任表示 松井洋子著
シリーズ 日本史リブレット人 ; 062
データ種別 図書
出版者 東京 : 山川出版社
出版年 2010.9
本文言語 日本語
大きさ 89p : 挿図, 肖像 ; 21cm
概要 長崎出島のオランダ商館に来た人びとを通じて、江戸時代の日本はかろうじてヨーロッパ諸国とつながっていた。オランダ商館の医師として来日し、当時の日本の姿を紹介した人物としてよく知られるケンペルとシーボルトは、それぞれどのような動機で日本に来たのか、日本のなにをどのように伝えようとしたのか、そして日本側からどのように受けとめられたのかを、二人を取り囲む周囲の状況の違いにも着目しつつ、跡づけてみたい。
目次 舞台装置としての「鎖国」日本—ケンペルの見たもの
1 ケンペルの長い旅(ケンペルの故郷と当時のヨーロッパ
長い旅時 ほか)
2 18世紀の日本に来た人びと(蘭学の第一世代
植物学者ツュンベリーと日本の弟子たち ほか)
3 シーボルトの登場(新生オランダ王国
シーボルトの日本派遣 ほか)
4 シーボルトの日本研究と再来日(ヨーロッパへの帰還とその後の生活
『日本植物誌』と『日本動物誌』 ほか)

所蔵情報


中央図 4A 010112010510893 289.3/Ma 77 2010

理系図1F 開架 032112010512106 289.3/N 71 2010

書誌詳細

別書名 表紙タイトル:Kaempfer & Siebold
異なりアクセスタイトル:ケンペルとシーボルト : 鎖国日本を語った異国人たち
一般注記 参考文献: 巻末
ケンペルと18世紀, シーボルトとその時代: 巻末
著者標目 松井, 洋子(1957-) <マツイ, ヨウコ>
件 名 NDLSH:Kaempfer,Engelbert (1651-1716)
NDLSH:Siebold, Philipp Franz von, (1796-1866)
BSH:日本研究
分 類 NDC8:289.3
NDC9:289.3
書誌ID 1001432105
ISBN 9784634548626
NCID BB0348064X
巻冊次 ISBN:9784634548626 ; PRICE:800円+税
登録日 2010.10.22
更新日 2010.10.22

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています