このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:38回

  • 貸出数:45回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
日本的感性 : 触覚とずらしの構造
ニホンテキ カンセイ : ショッカク ト ズラシ ノ コウゾウ

責任表示 佐々木健一著
シリーズ 中公新書 ; 2072
データ種別 図書
出版者 東京 : 中央公論新社
出版年 2010.9
本文言語 日本語
大きさ vi, 302p, 図版 [4] p ; 18cm
概要 花の好みに現れるように、日本人には西洋人とは違う感じ方がある。「おもかげ」「なごり」「なつかしさ」など、日本人にとってそのものに「詩」を感じる言葉がある。“世界”が“われ”のなかでどのように響き合うか。それこそが感性であるならば、その多くは文化的な環境のなかで育まれ、個々の文化に固有の感性が生まれるだろう。本書は日本的感性を和歌を素材として考察し、その特性である「ずらし」と「触覚性」を明らかにする...続きを見る
目次 感性とは何か
1 語彙(われ
世界
世界とわれの結び合い
語彙から文法へ)
2 文法(像のずらしとしての想像力
未来完了の詩学—関係のずらし
反省的批判のまなざし
創出する感性—シュルレアリスティック脱/再構成
感性の惑乱)
結び 日本的感性の構造(バラと桜
注視から残像へ
残像の感性—その広がり
世界との隠喩的交感
われの空間感覚
内省的な意識と記憶
浮遊する原点
ずらしの想像力—解釈学と詩学
日本的感性の構造)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 010112010019194 701.1/Sa 75 2010

理系図2F 文庫新書 032112010018667 中公新書 2010

芸工新書 2階 050112010008908 701/Sa75 2010

比文 文化動態 032112011030802 中公新書 2011

書誌詳細

一般注記 参照文献一覧: p298-302
著者標目 佐々木, 健一(1943-) <ササキ, ケンイチ>
件 名 BSH:美学
NDLSH:感性
BSH:日本美術
分 類 NDC9:701.1
書誌ID 1001430481
ISBN 9784121020727
NCID BB03325895
巻冊次 ISBN:9784121020727 ; PRICE:860円+税
登録日 2010.10.01
更新日 2010.11.29

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています