このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:8回

  • 貸出数:2回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
文豪だって漢詩をよんだ
ブンゴウ ダッテ カンシ オ ヨンダ

責任表示 森岡ゆかり著
シリーズ 新典社新書 ; 34
データ種別 図書
出版者 東京 : 新典社
出版年 2009.4
本文言語 日本語
大きさ 127p ; 18cm
概要 日本近代文学を代表する七人の文豪。彼らは漢詩を愛読し、また自ら詠むことで、日本語の優れた使い手としての語彙や表現を磨き上げてきた。漢詩と文豪たちの、ときに微笑ましいまでの逸話は、漢詩をぐっと身近に感じ、近代日本文学をより面白く読むためのエッセンス。
目次 1 母の膝の上で蘇州を夢見る—徳富蘇峰(文久三年生)(膝に抱いて読み聞かせる
カラスは、なぜ月が落ちてから鳴くの? ほか)
2 ぼやき、癒され、恋を語る—森鴎外(文久二年生)・夏目漱石(慶応三年生)・中野逍遙(慶応三年生)(新聞のイラストにも漢詩
酔っ払いの相手か子どもの世話か ほか)
3 文字で美しい絵を描く—小川未明(明治十五年生)(未明の童話で、ニホンゴを学ぶ
嫌いな科目がある日は行きたくない ほか)
4 ダイナマイトの火で吹き飛ばせ—芥川龍之介(明治二十五年生)(ちちんぷいぷいごよのおたから
第二の愛郷心を尊重しなくてはいけない ほか)
5 眠狂四郎、吟じます—柴田錬三郎(大正六年生)(愛する女にプレゼントする
非情な男は、非情を貫け ほか)

所蔵情報


中央図 自動書庫 021112010518207 中文/52/486 2009

書誌詳細

著者標目 森岡, ゆかり <モリオカ, ユカリ>
件 名 BSH:漢詩
BSH:日本文学 -- 作家  全ての件名で検索
分 類 NDC8:919.6
NDC9:919.6
書誌ID 1001430281
ISBN 9784787961341
NCID BA89730175
巻冊次 ISBN:9784787961341
登録日 2010.09.29
更新日 2010.09.29

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています