このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:6回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
会津という神話 : 「二つの戦後」をめぐる「死者の政治学」
アイズ トイウ シンワ : 「フタツ ノ センゴ」オ メグル「シシャ ノ セイジガク」

責任表示 田中悟著
シリーズ Minerva人文・社会科学叢書 ; 158
データ種別 図書
出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2010.3
本文言語 日本語
大きさ v, 262, 4p : 挿図, 肖像, 地図 ; 22cm
概要 幕末維新期、戊辰戦争を頂点とする一連の戦いにおいて、会津の戦死者はナショナルな祭祀から排除された。彼らと、生き残った会津の人々とが経験した「犬死に」—この非業と不条理に満ちた死の経験は、その後どのように「克服」され、「解決」されていったのか。本書では、戊辰戦争や西南戦争での戦死者を会津の人々がどのように認識し、自らのアイデンティティを組み立てていったのかを明らかにする。
目次 序章 死者と共同体
第1章 会津藩の戊辰戦争—近代会津へのプロローグ
第2章 「阿蘇の佐川官兵衛」をめぐる記憶と忘却
第3章 近代会津アイデンティティの系譜
第4章 「雪冤勤皇」期会津における戦死者の記憶と忘却
第5章 戦後会津における「観光史学」の軌跡
終章 “二つの戦後”をめぐる“死者の政治学”

所蔵情報


中央図 4A 010112010010877 212.6/Ta 84 2010

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:会津という神話 : 二つの戦後をめぐる死者の政治学
異なりアクセスタイトル:会津という神話 : 「2つの戦後」をめぐる「死者の政治学」
異なりアクセスタイトル:会津という神話 : 2つの戦後をめぐる死者の政治学
一般注記 参考文献: p247-258
著者標目 田中, 悟(1970-) <タナカ, サトル>
件 名 BSH:福島県 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:戊辰の役(1868)
BSH:西南の役(1877)
BSH:戦没者
NDLSH:会津
分 類 NDC8:212.6
NDC9:212.6
書誌ID 1001427059
ISBN 9784623056361
NCID BB01347740
巻冊次 ISBN:9784623056361 ; PRICE:6500円+税
登録日 2010.08.11
更新日 2010.08.11

類似資料