このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:3回

  • 貸出数:5回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
ピューリタン革命と複合国家
ピューリタン カクメイ ト フクゴウ コッカ

責任表示 岩井淳著
シリーズ 世界史リブレット ; 115
データ種別 図書
出版者 東京 : 山川出版社
出版年 2010.5
本文言語 日本語
大きさ 90p, 図版 [1] 枚 : 挿図 ; 21cm
概要 十七世紀中葉にブリテン諸島で起きた事件は、「革命」なのか、「内戦」なのか?かつて「イギリス革命」と呼ばれて疑われなかった名称が、最近はさまざまな立場から見直されている。本書は「ピューリタン革命」を、イングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズという四国の相互関係から再検討し、イングランドを中心とした複合国家が形成される重要な転機としてとらえなおす試みである。
目次 「ピューリタン革命」でいいのか?
1 宗教改革と複合国家体制の成立
2 初期ステュアート期の複合国家体制の危機
3 ピューリタン革命の開始と宗教問題
4 クロムウェルと複合国家体制の形成
5 名誉革命と複合国家体制の確立

所蔵情報


中央図 4C_1‐135 [法] 024112010007272 Jj 78/I/5 2010

書誌詳細

一般注記 参考文献: p88-90
著者標目 岩井, 淳(1956-) <イワイ, ジュン>
件 名 BSH:清教徒革命
NDLSH:ピューリタン革命(1640-1660)
分 類 NDC9:233.052
書誌ID 1001426593
ISBN 9784634349537
NCID BB02141842
巻冊次 ISBN:9784634349537 ; PRICE:729円(税別)
登録日 2010.08.03
更新日 2010.08.03

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています