このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:17回

  • 貸出数:5回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
北方ヨーロッパの商業と経済 : 1550-1815年
ホッポウ ヨーロッパ ノ ショウギョウ ト ケイザイ : 1550-1815ネン

責任表示 玉木俊明著
データ種別 図書
出版者 東京 : 知泉書館
出版年 2008.10
本文言語 日本語
大きさ viii, 422p, 図版 [1] 枚 : 挿図, 地図 ; 23cm
概要 食料供給をはじめ毛織物や東方物産の取引などヨーロッパ世界で中心的な役割を担ってきた地中海貿易は、16世紀の人口増加に伴い食料の安定供給が困難となり、東欧の穀物貿易を展開させたオランダを中心とするバルト海貿易にその地育を譲り渡した。本書は近世になり経済の中心がアルプスの南から北へ移り、バルト海を中心とする広域経済圏が交易ネットワークを通して北方ヨーロッパに拡大していく過程を、商人の活動とそれを保護す...国家の役割に視点をすえて解明する。続きを見る
目次 序章 第1章 商業資本主義の諸相
補論1 経済発展と国家の役割—国家財政と商人のネットワーク
第2章 地中海からバルト海へ—1600年頃のヨーロッパ経済の中心の移動
第3章 「穀物の時代」のバルト海貿易1561‐1657年—『エーアソン海峡通行税台帳前編』の分析
第4章 近世スウェーデンのバルト海貿易—「大国時代」を中心に
補論2 スウェーデンの貿易とフィンランド・イェーテボリの関係
第5章 「原材料の時代」のバルト海貿易1661‐1780年—『エーアソン海峡通行税台帳後編』の分析
第6章 イギリスのバルト海・白海貿易1661‐1780年—オランダとの比較を中心に
第7章 ハンブルクの貿易—もう一つの世界システム
補論3 18世紀の世界貿易拡大と北方ヨーロッパ経済の変貌
第8章 ヨーロッパの経済発展とオランダの役割—ロンドンとハンブルク
終章
続きを見る

所蔵情報


理系図2F 開架 010112010002856 678.23/Ta 78 2008

書誌詳細

別書名 奥付タイトル:北方ヨーロッパの商業と経済
その他のタイトル:Commerce and economy in Northern Europe, 1550-1815
背表紙タイトル:北方ヨーロッパの商業と経済 : 一五五〇-一八一五年
異なりアクセスタイトル:北方ヨーロッパの商業と経済 : 15501815年
一般注記 参考文献: p [367]-400
索引: p [401]-414
その他タイトルは英文目次・要旨による
著者標目 玉木, 俊明(1964-) <タマキ, トシアキ>
件 名 BSH:ヨーロッパ -- 貿易 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC9:678.23
書誌ID 1001422586
ISBN 9784862850423
NCID BA87433306
巻冊次 ISBN:9784862850423 ; PRICE:6500円+税
登録日 2010.06.08
更新日 2010.06.08

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています