このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:216回

  • 貸出数:50回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
江戸の本屋さん : 近世文化史の側面
エド ノ ホンヤサン : キンセイ ブンカシ ノ ソクメン

責任表示 今田洋三著
シリーズ 平凡社ライブラリー ; 685
データ種別 図書
出版者 東京 : 平凡社
出版年 2009.11
本文言語 日本語
大きさ 268p ; 16cm
概要 江戸時代のはじめ京都で、出版業は始まった。次いで大坂で、やがて江戸でも、本の商売が興隆する。読者層が拡がる。書目が変わる。統制の制度がつくられ、須原屋とか蔦屋とか、本屋たちの新しい経営戦略が展開される—出版を軸にして近世という時代とその文化を見直すとき、既存の歴史観の殻がやぶける。新しい近世研究を促した名著、待望の再刊。
目次 1 京都町衆と出版(京都書林の十哲
活字版から整版へ
町衆と出版文化)
2 元禄文化と出版(ベストセラーとしての西鶴本
元禄の読者
元禄出版界の発展と限界
出版統制のはじまり)
3 田沼時代の出版革新(上方に対抗する江戸出版界
世界に目をむけた須原屋市兵衛
近代出版の先駆者・蔦屋重三郎
寛政改革の中の蔦重)
4 化政文化と出版(続発する筆禍事件と禁書
化政期出版業の明暗
貸本屋の活動)
5 幕末の出版(須原屋茂兵衛を追って
須原屋茂兵衛の盛運
近代コミュニケーション形成の前提
続きを見る
電子版へのリンク

所蔵情報


中央図 4A 003112009039028 023.1/Ko 78 2009

理系図1F 開架 058112009048303 023.1/Ko 78 2009

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:江戸の本屋さん
一般注記 日本放送出版協会 1977年刊の再刊
参考・引用文献: p254-255
著者標目 今田, 洋三(1933-) <コンタ, ヨウゾウ>
件 名 BSH:出版 -- 日本  全ての件名で検索
分 類 NDC8:023.1
NDC9:023.1
書誌ID 1001413835
ISBN 9784582766851
NCID BB00171004
巻冊次 ISBN:9784582766851 ; PRICE:1300円+税
登録日 2010.02.16
更新日 2010.11.15

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています