このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:4回

  • 貸出数:3回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
多文化多世代交差世界における市民意識の形成
タブンカ タセダイ コウサ セカイ ニオケル シミン イシキ ノ ケイセイ

責任表示 渡辺秀樹, 有末賢編
シリーズ 叢書21COE-CCC多文化世界における市民意識の動態 / 慶應義塾大学21世紀COEプログラム多文化市民意識研究センター [編] ; 38
データ種別 図書
出版者 東京 : 慶應義塾大学出版会
出版年 2008.1
本文言語 日本語
大きさ xiii, 289p ; 22cm
概要 多文化と多世代が交錯する現代社会を、世代と社会化の概念を軸に多角的に分析し、戦後日本の市民社会を摘出する気鋭の社会学論集。
目次 総論 多文化交差世界と市民意識
第1部 世代と社会化(“世代”の社会学的考察—“世代”の条件とその表象の変質
ユースカルチャーと時間—レトロスペクティブな若者文化の位相
再社会科とジェネラティビティ—向老世代のライフストーリーから)
第2部 社会化の場の変容—家族と教育の現代(IT型コミュニケーションと拡散的核家族—情報化と家族の変化のなかの社会化
不登校事例にみる親子関係の変容プロセス—親子のライフヒストリーの比較から
現代大学生の進学動機と職業観—ゆらぐ青年期とキャリアデザイン)
第3部 国際移動と社会化(「文化移民」—文化的活動をめぐる若者の国際移動
国際移動と再社会化—中国における日本人女性移住者の意識調査)
第4部 市民社会の時間・空間(松田道雄における転向と戦争経験—戦後市民主義の歴史的契機として
多文化・高齢社会におけるソーシャル・キャピタルの醸成と健康なまちづくり
まちづくりと市民意識—街並みをめぐる「公共性」の諸相)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4C_1‐135 [法] 015112009018498 Aj 00/S/112 2008

書誌詳細

一般注記 参考文献: 章末
著者標目 渡邊, 秀樹(1948-) <ワタナベ, ヒデキ>
有末, 賢(1953-) <アリスエ, ケン>
件 名 BSH:社会学
BSH:市民社会
BSH:世代
分 類 NDC8:361.04
NDC9:361.04
書誌ID 1001410962
ISBN 9784766414646
NCID BA84751757
巻冊次 ISBN:9784766414646 ; PRICE:3600円+税
登録日 2010.01.19
更新日 2010.01.19

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています