このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:135回

  • 貸出数:106回
    (1年以内の貸出数:12回)

<図書>
種の起源
シュ ノ キゲン

責任表示 ダーウィン著 ; 渡辺政隆訳
シリーズ 光文社古典新訳文庫 ; [KDタ1-1], [KDタ1-2]
データ種別 図書
出版者 東京 : 光文社
出版年 2009
本文言語 日本語
大きさ 2冊 ; 16cm
概要 『種の起源』は専門家向けの学術書ではなく、一般読者向けに発表された本である。名のみ知られるばかりで、その内容については多くを語られることのなかったこの歴史的な書を、画期的に分かりやすい新訳で贈る。
「なぜかくも多様な生物がいるのか」。ダーウィンはひとつの結論にたどり着いた。すべての生物は共通の祖先を持ち、少しずつ変化しながら枝分かれをしてきたのだ。つまり、「じつに単純なものからきわめて美しく、きわめ...すばらしい生物種が際限なく発展しなおも発展しつつある」のだ。続きを見る
目次 第1章 飼育栽培下における変異
第2章 自然条件下での変異
第3章 生存闘争
第4章 自然淘汰
第5章 変異の法則
第6章 学説の難題
第7章 本能
第8章 雑種形成
第9章 地質学的証拠の不完全さについて
第10章 生物の地質学的変遷について
第11章 地理的分布
第12章 地理的分布承前
第13章 生物相互の類縁性、形態学、発生学、痕跡器官
第14章 要約と結論
続きを見る

所蔵情報

中央図 4A 058112009025405 467.5/D 42 2009
理系図2F 開架 003112009042455 467.5/D 42 2009
理系図2F 開架 031112009007013 467.5/D 42 2009
中央図 4A 032112010007105 467.5/D 42 2009
理系図2F 開架 003112009042467 467.5/D 42 2009
理系図2F 開架 031112009002785 467.5/D 42 2009

書誌詳細

別書名 原タイトル:On the origin of species by means of natural selection
その他のタイトル:自然淘汰による種の起源
一般注記 目次におけるタイトル: 自然淘汰による種の起源
ダーウィン年譜: 下: p426-430
著者標目 Darwin, Charles, 1809-1882
渡辺, 政隆(1955-) <ワタナベ, マサタカ>
件 名 BSH:進化論
分 類 NDC9:467.5
書誌ID 1001408004
ISBN 9784334751906
NCID BA91295250
巻冊次 上 ; ISBN:9784334751906 ; PRICE:838円
下 ; ISBN:9784334751968 ; PRICE:838円
登録日 2009.12.10
更新日 2010.06.10

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています