このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:3回

  • 貸出数:4回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
人口流動の地方再生学
ジンコウ リュウドウ ノ チホウ サイセイガク

責任表示 松谷明彦編著
データ種別 図書
出版者 東京 : 日本経済新聞出版社
出版年 2009.6
本文言語 日本語
大きさ 243p ; 20cm
概要 地方再生は地方発であるべきだ!日本人がもっと動けば、地方も都市も元気になる!地方を衰退させたのは、日本と日本人の「中央集権」である。多様に生きる人々が「居場所」を求めて活発に往来する「人口流動社会」でこそ、地方は再生できる。
目次 第1章 誰が地方を衰退させたのか(戦後の日本人の選択
戦後の日本人の行動様式
戦後の日本人の資源配分)
第2章 地方に人がいなくなる、これまでもこれからも(政策選択を誤った
集落が消える
地方に何が起こっているのか)
第3章 都市と地方と人口流動(それぞれの道を歩む都市と地方
地方は都市とは違う
変わり始めた人々の動き
大都市はどこへ)
第4章 人口流動が地方を再生する(地方再生の方向性
なぜ集落が大切なのか
今後の地方経済と福祉のあり方)
第5章 どのようにして集落を再生するか(農業の維持拡大が集落再生の基軸
集落の扶養可能人口の拡大
ブランドとイノベーションの創発
定住条件の向上
集落にどう向き合うか)
続きを見る

所蔵情報


中央図 自動書庫 017112009502182 318.6/Ma 88/20090218 2009

書誌詳細

著者標目 松谷, 明彦(1945-) <マツタニ, アキヒコ>
件 名 BSH:地域開発
BSH:人口移動
分 類 NDC8:318.6
NDC9:318.6
書誌ID 1001406768
ISBN 9784532353698
NCID BA90513607
巻冊次 ISBN:9784532353698
登録日 2009.11.24
更新日 2009.11.24

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています