このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:8回

  • 貸出数:27回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
アートディレクションの黄金比 : 現代アートディレクターたちの美意識と方法論
アート ディレクション ノ オウゴンヒ : ゲンダイ アート ディレクター タチ ノ ビイシキ ト ホウホウロン

責任表示 植原亮輔 [ほか述] ; カラーズ有限会社編著
データ種別 図書
出版者 東京 : 誠文堂新光社
出版年 2009.8
本文言語 日本語
大きさ 222p ; 20cm
概要 広告/雑誌/映像の新たな地平を切り拓く、トップクリエイターが秘めた「黄金比」に迫る。
目次 1 アドバタイジング(全体像はぼんやりとしているけど、細部に入っていくとリアリティを持っているという状況が、僕は素晴らしいと思うんです。(植原亮輔)
僕にとってはデザインが最上位概念で、その中のフィールドに広告やパッケージ、グラフィックやプロダクトなどがある。(佐藤可士和)
僕がデザインを手掛ける時の指針として“美大生モード”と“近所のおばさんモード”の両立があります。(佐野研二郎)
「ありそうでないものを作る」って僕はすごく好きで、僕が作るもので奇を衒ったのは1つもないと思うんです。(水野学)
小さなマークを作る時も、クロスメディアを駆使したコミュニケーションキャンペーン全体を考える時も「デザイン」するという感覚においては同じことなのではないかと感じています。(米村浩))
2 エディトリアル(小さなコミュニケーションを大事にしながら、そこからしか生まれようのないモノを共同で作っているという、そんな状況が理想です。(佐藤直樹)
未来を見ることが過去につながるわけで、未来に興味がある。そして、未来は人の頭の中にあると思っています。(中島英樹)
デザイナーを始めてから30年ぐらい経って、雑誌で本当に面白いのはレイアウトなんだと最近気が付いたんです。(藤本やすし))
3 アート/ビジュアル(1人で絵を描いていることと広告的な仕事は真逆なのですが、両者を突き詰めればテーマは“人間とは何か”になります。(タナカノリユキ))

所蔵情報


芸工3階 013112009019284 674.3/U36 2009

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:Golden ratio of art direction
著者標目 植原, 亮輔(1972-) <ウエハラ, リョウスケ>
カラース <カラーズ>
件 名 BSH:商業美術
BSH:広告
分 類 NDC8:674.3
NDC9:674.3
書誌ID 1001394938
ISBN 9784416609323
NCID BA91338499
巻冊次 ISBN:9784416609323
登録日 2009.11.02
更新日 2009.11.02

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています