このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:17回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
臨床哲学の知 : 臨床としての精神病理学のために
リンショウ テツガク ノ チ : リンショウ トシテノ セイシン ビョウリガク ノ タメ ニ

責任表示 木村敏著 ; 今野哲男聞き手
データ種別 図書
出版者 東京 : 洋泉社
出版年 2008.10
本文言語 日本語
大きさ 219p ; 20cm
概要 哲学は自ら哲学を促す臨床の場によってはじめて哲学となり、臨床は自ら臨床を促す哲学の力によってはじめて臨床となる。—現場の精神科医として、一貫して自己と患者との「あいだ」で「個別化の原理」を追い求める著者が、「臨床哲学」の場所から現代科学にパラダイムチェンジを促す語り下ろし。
目次 第1章 「自己」と「あいだ」からの出発(小さな憑依体験
主語的な自己と述語的な自己 ほか)
第2章 生命と生命論について(終わりのある生命と終わりのない生命
死をも含む「大文字の“生”」 ほか)
第3章 生きる主体(「生む」と「生まれる」、「生きる」と「生きられる」
「あいだ」と中動態 ほか)
終章 精神科医の臨床現場(治すことについて
患者とのつきあいについて ほか)

所蔵情報


医学図 1F 開架 042112009001304 WM 100/Ki 39/2008 2008

書誌詳細

著者標目 木村, 敏(1931-) <キムラ, ビン>
今野, 哲男(1953-) <コンノ, テツオ>
件 名 BSH:精神病理学
NDLSH:哲学
分 類 NDC8:493.71
NDC9:493.71
書誌ID 1001388075
ISBN 9784862482709
NCID BA87432063
巻冊次 ISBN:9784862482709 ; PRICE:2200円+税
登録日 2009.11.02
更新日 2009.11.02

類似資料