このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:6回

  • 貸出数:7回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
絵画の変 : 日本美術の絢爛たる開花
カイガ ノ ヘン : ニホン ビジュツ ノ ケンランタル カイカ

責任表示 並木誠士著
シリーズ 中公新書 ; 1987
データ種別 図書
出版者 東京 : 中央公論新社
出版年 2009.2
本文言語 日本語
大きさ vi, 271p, 図版 [8] p : 挿図 ; 18cm
概要 秀吉の活躍した一六世紀、日本絵画は多彩なあり方を見せた。何を対象にして、どう描くかという表現の問題だけではなく、絵画を鑑賞する場、制作者の側など、さまざまな点で変化があった。本書では、そのような新しい傾向を「絵画の変」と捉えて、その実態を具体的に浮かび上がらせていく。従来は絵画という範疇になかったものをも含む多様で豊饒な世界を通して、この時期の、そして、日本の美術の面白さを堪能する。
目次 第1章 転換期としての一六世紀
第2章 絵画鑑賞の場の成立
第3章 新しい画家像としての狩野派
第4章 絵画制作の新たな場—町物と奈良絵
第5章 中国主題の受容とその和様化
第6章 風俗画の成立
第7章 一六世紀における和歌と絵画

所蔵情報


理系図2F 文庫新書 058112009003676 中公新書 2009

芸工新書 2階 013112008027416 721/N47 2009

書誌詳細

著者標目 並木, 誠士(1955-) <ナミキ, セイシ>
件 名 NDLSH:絵画(日本) -- 歴史  全ての件名で検索
書誌ID 1001363209
ISBN 9784121019875
NCID BA89150073
巻冊次 ISBN:9784121019875 ; PRICE:940円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています